秘密の世界

私は言葉が巧みなの 私の仕事では“行為”と同じくらいに言葉も大切な手段よ いつ何を言いどの言葉で誘うか ある種の言葉や特定の行為を嫌う男性もいる でも結局は寂しがり屋 学ぶのも仕事のうち 手の使い方や唇や舌それから足の絡め方とか考え方までも どのように刺激しいつまで続けるか 初キスの相手や男性誌にあるセクシーな女性にもなれる 私はあなたの秘書? それとも娘なの? あなたが嫌った女教師? あなたを満足させれば私はあなたの中で夢のようになって生き続ける そうなれば私は消えたって構わないわ

 

女性は対象外よ 男性になら会うけど1人でいる女性とは…

夫が好むタイプね

選んであげるの?

いいえ

弱気なご主人? 何なの?

名前は?

クロエ

夫が浮気してる してると思う ぜひ知りたいの 夫がどんな行動をとるか 誘惑されたら

客は大抵既婚者

“客”とは違う

どんな容姿?

背が高くてガッチリしてる 栗色の髪の毛をしてるわ ハンサムよ ランチはカフェ・ディプロマティコで いつも新聞を読んでる

“仕事は何”って聞かれたら何て言えば?

“学生で通訳になる”って 何か外国語を話せる?

日本語を少し

 

会ったわ 新聞を読んでたから“お砂糖を貸して”と言った 新聞を読むフリをしてたわ そして席を立ち私の方へ来て学生かどうか聞いた だから日本語を勉強してるって答えた 何か日本語を知ってるかと言われて焦ったわ “こんにちは”とだけ言った 名を聞かれ“クロエ”って

そう そうなの

何もなかった

あなたに近づいて話しかけた以外はね

ナンパっ気もなく優しかった いい人

客と寝る時は?

愛すべき何かを探す 小さなことでも 笑顔を生む何かをね そういうものって必ずあるはず イヤな客もいるから心を広くするの 世間や人を非難することはしない すると変なことが

どんな?

あなた

私?

あなたみたいな人が私の日常に入ってくる

お金は封筒の中 もう一度主人を誘惑してみて それでおしまい

 

私が精神的に不安定だっただけなのかも とにかく今回のことは何もかも忘れて

それはムリ

なぜ?

また会ったわ

夫と? どこで?

ご主人に話しかけて一緒にランチを食べた

ランチを彼と?

ピクニックみたいなランチ サンドイッチを買って講義のことを聞いた 音楽な話を始めたわ そして私のことを見つめたの

それで?

“キスしていいか”と

そんなのダメ

でも“妻がいるからよす”って 最初迷ってた

“最初”?

それから彼“人目につかずにキスできる所はないか”って それで“アレン・ガーデンに行きましょ ガラス張りの大きな温室があるわ”って 話すのをよす?

続けて

珍しい花が咲いてる長い通路を2人で歩いた だれもいなかった だからあそこが好きなの いつも暖かくて空気はとてもきれいよ 急に外国へ来たみたい 私は知ってた 物置に使ってる所があってだれも来ないって 秘密の隠れ場所よ 彼は唇を重ねてきたわ 長い間キスしてた 股間も興奮気味

もういい 夫と会い彼が何をしたか報告するのが役目よ

今報告したのに

こんなこと頼んで失敗した

ごめんね 彼と私は茂った温室の植物にすっかり囲まれて身を隠していたの 人の声は聞こえたけど見られっこなかった ズボンに手を入れ彼自身に触れたわ 触れたまま手をそっと動かした

そう

それを続けた ズボンの中で触っていると“イクわけにいかない 仕事が”って でも続けたわ 舌を噛んだ そしたら彼手の中でイッたわ

それから?

彼は仕事に行った

 

話して

また温室で会って今回はこの部屋にチェック・インした 彼はテレビをつけ見るフリをしてたわ 私は隣に座った すると私の方を向いてキスをしてから“やろう”って

何てこと…

勃起しなかったわ 何度か頑張ったの きまり悪そうにしてたから慰めたわ 少し時間を置けば大丈夫だって分かってた 彼は服を着たままで私は裸よ 興奮してきた? 服を脱ぎたがらなかった 長イスに座ってたわ “フェラをしろ”って 彼自身を口に入れたら硬くなった

口の中でイッた?

いいえ

あれにコンドームをつけてまたがったの そして彼自身が私の中に入ったらすぐ果てちゃった 私は胸を彼の顔に

いつも一緒だったわ 彼と離れられなかった たとえ1時間でも お互いを待ったわ 会って触れ合うまでの待つ時間を楽しんだの 彼の手が好きだった 私のあちこちに触れたわ 以前はそうだった 私もまだ若かったわ 人を愛したことは?

あるわ 彼を愛してる?

分からない

もう一つ “不倫は初めてだ”って

出任せだわ もうダメ いっそ首を吊った方がいいかも 最悪だわ

 

彼はどうやった?

何の話?

触ったの? ひどいわ

 

クロエよ

今どこ?

待合室 気づかなかった? お花よ

何の用?

許してね

私こそ許して

なんで?

ステキよ とても美しい でもここまでにしたいわ

良かったわ ゆうべ

それは私も同じよ

お別れはイヤ あなたも望んでないはずよ

お金が欲しい?

お金じゃない

今まで何度も受け取ってたのに? これでいいわ おしまいにして

ビジネスでなく私たちの真実の関係よ ゆうべは触れ合って…

もうよして あなたとのビジネスはもうおしまいなの お願いだから出ていって 早く

 

“今ご主人が帰った”

“主人に電話しないで”と

電話をしてきたのは彼よ 彼には絶対に電話をしないわ 彼からの電話はセックスのことじゃなかった 感情のことよ こう言ってたわ あなたの体に触ると私のことを裏切ってるように感じるって これってバカげた話だよね 聞いてる? キャサリン

1時間後にカフェ・ディプロマティコで

 

何だ

注文は?

試験中だ

すぐに済む

コーヒー

私はお酒

コニャックを頼む 何だ

お互いにハッキリさせたいの 双方が真実を隠さずに話すのよ 何か話すことは?

私が?

正直に話すのよ

乗り遅れた件?

いいわ

ウソだ 誕生日がイヤでわざと乗らなかった 飲みたくなって3杯飲んだ

ミランダと そうよね そのあとは? 何か月もかけてパーティーを準備したわ ケーキや食事や花に何千ドルも使った 私が頑張ってる時に若い女と寝てたのね?

寝てないさ

大ウソつき

どうした 何だ? あの娘さんは?

いいの だれでもない もういい

それだけ?

そうよ

待ってくれ “すべてを話す”って話したのは私だけだ

今想像もしなかったことが起きたの もういい

君が浮気していてもハッピーでいろと?

浮気と違う

なあ いいか 何度誘惑されても不倫はしなかった

願望はあった

私も人間だ 君だって同じだろ

願望なんかないわ

ウソを言ってる 君はウソつきだ 試験中なのに 隠さず話せと言って君は何も話さなかった

待って デビッド 話すわ 彼女の名前はクロエ さっきの子に誘惑させたの あなたの行動を試すために

潔白だ

分かったけど彼女はあなたと寝たって お金を受け取ってウソを言った あなたとの密会のことを生々しく

例えば?

あなたとの関係はピクニックで始まったと アレン・ガーデンでね キスしたら興奮してたと言った どうしようもないほど頭が混乱したけど改めてあなたがよく見えてきた 年とともに魅力的に 白髪も中年男性の魅力よ 身に起きるすべてのことで磨かれるあなた 私なんか消えてなくなりそうだわ ただ年を重ねていくだけ 彼女と寝た 最初はあなたと日に3回 そして1回に 週に1度になって出産したわ 親になり良き友になったわね そして夜の生活もなくなった

君からやめた

自分を見たくなかった 昔と違う自分 鏡で自分の姿を見て思った “誘惑なんてできない”と

君といたいが試験中だから

家で帰りを待つわ ごめんなさい 疑ったりして 早く帰って

 

家を案内して 親の寝室は?

寝室は上にある 何してるの?

マイケル

マズい ママだ 急いで

出ていって

来るんだ!

お金さえ渡せば姿を消すとでも思ったの? 現金を握らせとけばもう現れないとでも?

こんな話を聞かないで 出ていって お願い! 息子をほっといて

ママ!

ご主人も私もあなたの“物”と違う 必要な時はお金で言いなりにして不要になれば捨てるなんて身勝手よ

私も悪かったわ でも息子には近づかないで

彼の中にあなたを感じたわ あのまなざしよ 優しい息子さん お付きあいするには最高のお相手だわ

主人が帰るわ

デビッドと仲直りしたの? よかったわね

家まで送るからそこで話し合いましょ

この感触よ

道を誤らせた私が悪い

ウソよ

何が?

“悪い”なんて 2人で秘密の世界を作ったのよ あなたは私に恋をさせたわ

それは誤解よ 夫を愛してる

仲直りは私のお陰でしょ なぜ冷たくするの? あなたにとって私は邪魔者?

大変 血が出てる 家まで送らせて お願い もうよして とても美しいわ 分かるでしょ 本当にきれい 望みは何なの?

キスをして

 

『クロエ』

視力がいいようですけど

私が今日やるべきことは思い出すのをやめること

いいかもしれない 一度だけなら 少しだけ考えさせてくれ

 

ティナ 何かあったの?

今年は来たくなかった

13歳の誕生日だから?

たぶん

分かるわ

あの家に1人で住むのはイヤ マシューが恋しい カサンドラが恋しい 生きるのが辛い

 

元気か

あんまり

行くのか?

行かない気? 2人で呼ばれてるのよ

こっちは雪がすごくてさ そっちは?

いい天気よ

下りていけそうにない

いい口実ね マシュー

ああ

あの子の大好きだったヘアブラシ 見つけたの そっくりなのを

どこで?

客室よ 誰かの忘れ物

妙だな

そうよね 仕事に戻るわ

分かった 愛してる

私も

 

みんなをムチ打って急がせてますけどどう考えても間に合いません

間に合わせるのが君の仕事だ というか… 君が我が社に入ったのは何歳の時だ

15です

その頃から私が君を友人扱いしたことは? 一度もない 息子のように接しても友人ではない ミカ 君の問題は部下と親しすぎることだ なれ合うな 彼らは作業員だ 君の部下であって友達じゃない

 

ご主人と復縁の見込みはないの?

よく電話はかかってくるわ 延々と話すの 私が眠るまでとか でも顔は見せない

なぜ?

罪悪感よ 彼は全部自分のせいだと思ってるから 私もそう思ってる そう思わないとやってられない

 

計画を立てた 再会できるのは2~3分だけだ

話しかけていい?

ああ

パパからも話せる?

もちろんだ キャス みんなで聞いてる 隠しマイクみたいなものをつけてもらうつもりだ

何が心配なの? 私はここがどこか知らないしあなたの名前も知らないのに

何もしゃべるな でないと…

パパを殺す だったらいっそ私を殺せば? 大きくなったしもう私には興味ないでしょ 今やってることに価値はない

いや とても価値があるよ まさに君が今やっていることに

 

レインさん ダンロップとコーンウォールです 警官への供述について確認させてください

どうぞ

録音しても?

妻はまだですか?

さあ 聞いてません

3時間前に電話したのに ここじゃなくて本署に行ったのかも

質問に答えていただいてから奥さんを捜しましょう あくまで任意の事情聴取です 無理に答えなくても結構 いいですね?

はい

ではまずダイナーにいた時間は?

せいぜい2~3分

他にお客さんは?

見かけなかった

なしね

そこでパイを買った

そう チェリー・パイを 娘の練習のあとにいつも寄るんだ リンダにアイスを…

レズリーに?

店員の名前はリンダだ それより妻に電話を

“レズリー”と書いてある

“リンダ”だ ここからでもハッキリ見える

視力がいいようですけど怪しい人間は見えなかったんですね?

あれから3時間だ 誘拐犯が制限速度を守ったとしても何百キロも逃げてる どうやって娘を助ける気だ ヘリを飛ばすのか 検問か 娘は10歳だぞ

9歳では? 警官には9歳と言ってる どっちです?

もうすぐ10歳だ どっちでもいいだろ 何なんだ

リンダはお嬢さんを見ていないと言ってます

だったら何なんだ

ダイナーには1人で行ったんじゃ?

娘が見えなかったのは後ろの席で寝てたから

なぜ昼間から寝てたんです?

昼間から寝ちゃ悪いか? 子供だぞ スケートの練習で疲れてた

他にどこかに寄りました?

もういい そこまでだ ダイナーで最後に娘を見たのは俺だ おたくらの上司を呼んでくれないかな 本物の警察と話したい ここはまるで幼稚園だし 今すぐ娘を捜せ

もう一度聞きます ダイナーに行く前どこかに寄りました?

 

あのトロフィーをもらった日のことを覚えてる ママの所まで滑っていって渡した時の顔 親としては嬉しかったでしょうね 子供が夢を叶えたんだから 今のママが一番つらいのは私が何を夢見ているか分からないこと 生きているかどうかも分からない

最高だ もう一度あまり自分を哀れまずに もう少し大きな声で淡々と話せ いいね?

 

ティナ ティナ ダイナーでパイを買ったんだ 電話で話した直後にトラックを降りた 店の真ん前に止めたんだ 見える場所に トイレを借りたのもほんの一瞬だ でも出てきたら…

どうしてくれるのよ! 私たちの子がいなくなるなんて

奥さん 奥様と話したいんですが

大丈夫だ

こちらへ 担当のダンロップです

どれくらいかかる?

2~3分です

奥さんショックでしょうね あなたも辛いでしょう こういう事件はたまに起きるんです

あなたの経歴を見たんですが暴行で逮捕歴がありますね 子持ちの未成年が酒場でケンカはマズかったな

18の時だ 妻も知ってる

高校をやめて就職したが9年後の今は生活苦にあえいでる 奥さんから電話があったんですね? それは初耳なんで今相棒が確認してます 娘さんが奥さんと話してないとしたらその時どこに?

後ろの座席で寝てたんだ いつも通り

昼寝するのは3~4歳まででしょ パイを買ってもらえるなら嬉しくて窓から見てる あなたは商売に失敗した 造園会社ですね? 支払いが滞って倒産寸前なんでしょ? 分かります

何が言いたい?

イカれた友達に娘を貸せばいいカネになる

クソ野郎!

 

あの時夫はひどい言われようで

あれはジェフが悪い 彼は親が関与する事件を扱ったことがあったの それにマシューを見ると誰かを思い出すらしくて

バカバカしい 夫は何より娘を愛してた 今もよ

でしょうね

もう耐えられない

また会う気になったら連絡して

 

ティナ 元気?

お陰さまで

もう6年になるわね この前よりは調子よさそう

あの時はひどかった

マシューは?

元気よ

あなたとの関係は?

まだ会えない 娘を思い出してひどいことを言いそうで

復縁できそうにない?

電話はしてるの ここにも来たがってた

じゃなぜ来ないの? 私も留守電を入れたわ

私が罵倒するから

しそう?

たぶん 彼は今も1人で捜してる

どうやって?

彼に作戦があると思う? バカみたいにあちこち走り回るだけ 私ひどいわね

もっとひどい人も

そう あなたも大変ね

 

どうだった?

写真を見せてくれた あの子の写真よ

キャスの写真? どこにいる?

分からないそうよ

いつ撮った写真だ

分からない 顔だけなんだけどあの子に間違いないわ

どんな写真だ

それは…

ティナ?

顔しか見てないの 小さい女の子に話しかけてたそうよ

その写真の中で何をしてたんだ

知らないってば あなたも来ればよかったのに とにかくあの子の顔よ 刑事さんたちが言ってたわ 何人もの子供を捜してきたけどキャスは… 何だったかしら キャスは入口の歓迎係みたいなものだって

入口って何のだ? ティナ?

組織の 児童虐待組織の入口の歓迎係 あの子が他の子供たちを勧誘してる

まさか

片棒を担がされてる 私たちの娘が子供の調達を手伝ってる あなたが目を離したせいで娘は怪物にさらわれて笑顔で他の子供たちに話しかけて誘拐を手伝ってる うちの子が あなたがあの子を1人にしたせいで

 

“私は悲嘆に暮れる 裏切りによって娘を失い喜びは虚しさに変わった 邪悪な友に娘を奪われて” 自分のこと? “邪悪な友”って

時々そう思う

何の詩?

モーツァルトだ 「魔笛」の“夜の女王のアリア”

これで子供が釣れる?

どうして?

子供はこんなの興味ない

分かってる お話の時間用だ

私の物語じゃない 私が今日やるべきことはお庭に行ってセージの葉を摘むこと ラベンダーを青い糸で巻くこと そして杉の葉を干すこと 春はまだ来ないの?

まだだ

パパのことは? 約束したでしょ?

いいから“邪悪な友”の続きを読みなさい

“まだ目に見える震える彼女の姿 泣き濡れて絶望の吐息をつく姿”

 

絶対にうまくいくから

なんでそう思う?

1つ目の組織しか見つかってないから 俺たちは絶対に大丈夫 神の手すら届かない カギを渡すなウィリー どんなにウマそうな取引にも応じちゃダメだ “知らぬ存ぜぬ”を貫け

俺をハメた女を消してくれ

刑事だぞ

構うもんか 消してほしい

よく聞け それは得策じゃない

お前が聞け イトコ君 俺たちのクラブのことは黙ってるからあの女に思い知らせろ あいつを埋めてくれ 他の奴みたいに ただし生きたまま あの女の物語が聞きたい あいつの物語を何もかも

 

なんと美しい この写真との違いがまた… 仕事中はこれ?

いえ 制服は子供を緊張させるので

威圧的だし裏切られてるから

何に?

信頼すべき相手に

ここにいたのね

失礼 気を悪くしたかな?

出番よ

それじゃ どうも

失礼します

大丈夫?

心から感謝します 皆様のお陰でこの会を開きすばらしい女性を紹介できることになりました ニコール・ダンロップ刑事は今や有名人ですが1日の大半を話を聞くことに費やしています 社会で最も弱い存在である子供たちの話に信頼と安心を与えながら耳を傾けるのです

危険な目に遭う子供たちと未来の明るい子供たちの違いは周囲の関心と気遣いです そう言えるのは私自身が見捨てられていたから 私は路上で暮らし14歳の誕生日を廃車の中で過ごしました いい里親に会えなければそのままだったでしょう ゾッっとします 当時の友達はみんないなくなるか死んだので 私が仕事で扱う写真を見たら皆さんは涙されるでしょう 残酷にも私の仕事にハッピーエンドはありません ただ物語が終わるだけ 運がいい日には悪党を捕まえます 運がいい日には子供たちを助け背中を押せる でもその前途は長く悪夢の連続 今宵とはほど遠い 皆さん 私と会ってはダメ 私とは無縁な人生を送れるようお子さんを守って どうか高額な寄付を 私と会わずに済むように 今夜はありがとうございました

スピーチも終わったし寄付金の新記録を祝って乾杯しよう

1杯だけ

どうもありがとう

こちらこそ

おめでとう

どうも

1つ聞きたいんだが犯罪者を相手にするのは難しくないか?

相手にするのは簡単 大変なのはテクノロジーです

へえ どういうところが?

例えば今取り組んでいるネットワークは暗号化の技術が手強くて

じゃあ悪党どもが勝ちそうってことかな?

でもうちの部下も優秀です 部下の1人が言うには…

失礼 どうしても抑えられなくて

私こそつまらない話を

今ミカと僕は忙しくてね 寝る間もないほどの大仕事に取り組んでる

見えないわ もう遅い?

文字盤が小さいのは女性を帰さないためだ

もういいわ タクシーに放り込んで

タクシーなんて 私が送るわ

ありがとう 彼氏に電話しなきゃ

なぜ?

気分が悪いの

大丈夫よ

心配してる

させとけば 子供じゃないのよ ほら 横になって プロとして言わせてもらうと子供の頃あなたみたいな人に会いたかった

 

パパ 泣かないで

大丈夫か? 本当に大丈夫か? 会いたかった 大丈夫か?

ええ ママは?

会いたかった

どうしても会いたくて1回だけ許してもらったの あの人も私を喜ばせたいみたいで

誰が? 誰だ キャス 誰だ いつもお前を思ってた 許してくれ

いいの

パパが悪い

仕方ないわ あっという間だったしずっと尾行されてたの

誰に? 誰にだ さあママの所に帰ろう

この再会は私のため あの人たちは何でもしてくれる 私は宝物なの 行かなきゃ もう行くね

ダメだ 誰にも言わないで

警察に言う

これは夢よ もう二度と会えないの

イヤだ 二度と離さない キャス

パパ

よし ショーは終わった 行こう 10分で目を覚ます ほらカサンドラ 立ちなさい 家に帰るよ カサンドラ帰ろう いい子だ おいで

 

ニコール どんなだったか教えてくれ どんなだった? 14歳の誕生日を廃車の中で過ごすのは そんな感じか? そっくりじゃなくてすまない 車の色も聞いてないから派手に黄色で攻めてみた 教えてくれ そこには君の体験と重なるものがあるかな? 君は1人だった? 詳細を教えろ さもないと私はもう戻らないぞ

 

3つだ 送信先は不明

全部で3つ? どういうこと?

愉快犯の一種だ

何が愉快?

もだえ苦しむママ

リアリティ番組かよ

さらった子供の母親を混乱させたくなったんだ トロフィーやカップや乳歯で

ヘアブラシ 風車

8年後に?

ずっと見てた

誘拐犯の人格には詳しいが苦しむ母親を見て喜ぶのは別ものだ

つまり何?

誘拐犯と見物人がいる

複数の会員制かもな

新型の変態だ

 

よお

マシュー

何ごとだ

話があるの

こっちはないけどね

お願い

もしかしたら私見られてるの

誰に?

誘拐犯は近くにいる

私の職場に隠しカメラが

なぜ?

心当たりはありませんか

いや ないね

キャスの乳歯を取ってありました? ティナが乳歯や他の物を見つけたの

他には何を?

あの子がもらったのに似たトロフィー

乳歯? キャスのか

なぜそうと?

違ったら話題にしないだろ その男には話さない 今すぐ出て行け 何が知りたい

客室の枕の下に歯が置かれていたんです

歯の妖精のために置いたみたいに

妖精に聞けよ

面白がってる?

ああ 少しね いつからだ なぜ黙ってた ティナ なぜ俺に助けを求めない この8年警察が何をした? 成果はゼロ 夫婦仲を裂いただけ 俺がカメラを仕掛けたと思ってるのか? 何のために? ティナ

レインさん 何か隠してます?

いや 何も 俺を逮捕するのか? 好きにしろ 俺の仕業だと思うなら逮捕してくれ

 

彼女は? ニコールはどこだ 答えろ どこだ

ワゴン車だ 14歳の誕生日を過ごした車

誕生日って何の話だ どこにある 白状しろ ワゴン車はどこだ どこだ 言え!

 

『白い沈黙』

誰も愛さないのね

“昔むかし小人が魔法の国に住んでいた 太陽に恵まれ森にも川にも獲物がいて幸せに暮らしていました”

タバコを取って

“ある時巨人のゾムがやって来た” 倒した

売女のくせに足を掛けた 引っ掛けた 大丈夫だ 本当に酔っちゃいない 彼女のせいだよ 口にしろよ 口にだよ したかったんだろ

階段をはい上り体をぶつけながら照明を探す

扉が閉まる

あんたはここで一人 やりきれない

やめてよ

 

無鉄砲ね

アルマ! 下で何があった どうした 何かあるのか

何でもない

誰かいるんだろ 行くな ここにいろ いるんだ

あなたなの? 信じられない なぜ戻ったの 幾夜もあなたが現れる奇跡を待ってた

男に足払いしたから姿を見せたのよ

いると思わなかった

私のためね 私に合図するためね 大丈夫 部屋があるわ あるのよ 助けて お願い

行きたくない もうホテルはイヤ 彼には私しかいないの 努力したのよ もう一度する勇気はないわ それでも愛してる? 好きよ

別の部屋を頼んで キーを受け取るの 私は204号室よ

自信あるのね ごめんね

 

初めて会った夜 顔にキスしたかった 彼が誘ったでしょ 私の友達をみんな誘うの あの奇抜さとおもちゃの電気機関車 それと冷たい仕草でね 私うまかったでしょ “私の秘密の部屋を見せるわ” “やめろ アルマ くだらん部屋なんか見ないよ” 考えたの 来るわけないって でもあなたは来てくれた 彼が私を見てもうひと言 “彼女美人だな” あなたは答えたわね “そうよ”って 気詰まりしてじっとしてた 彼にはアタマ来たわ 二人で会うのを邪魔して あなた達に仕返しするためキスしたの あなたの手を見てた 抱いてもらいたいとすぐ思ったわ あなたを望んだのは些細なこと 私を不安にさせたのがステキ

 

お前老けたね すぐに彼女と同じよ “好きよ 嫌いよ”って 好きなの 嫌いなの 卑怯者 泣きたくなる ブスね ウサギのように最後には撃ってあげる

 

今だから私を助けて 私たち別れましょう

いや

出てって 早く出てって 追って来る気でしょ 一番きれいなあなたを知ってるわ

頑張るのよ 耐えて! 私と一緒にいて 本当にお願いよ

彼と別れさせたら私を絶対に許さない 私を見て 見るのよ 私は心が広くないしあなたも私を責め続け必ず不幸になるわ

でもあなたは私にとって得がたい人なの 友として好きだし今まで最高の恋人よ 好きなの

あなたに殺された人として私は暮らしたいの それで幸せ 服を着て 着なさいよ 言った通りにして!

私の敵だろうと味方だろうと好きなの これで最後なの?

そうよ 私が電話しても相手にしなくなる

ここをずっと借りるわ 失った親友を嘆くために

彼と幸せになって

ありがと

 

あなたは挑発的で気まぐれで意地悪 そこが好きだけど…

嘘ばっかり ただ私に嫉妬したいだけ そんな心もない? 見せないなら信じないわ

誰も愛さないのね 自分を愛する人を探すだけ 言っとくわ あんたに妬くなんて絶対ない 二人ともおしまいよ 奴らが来るわ 私が知らせたの 教えたのよ 捕まるわ ホテルに戻って 戻るのよ 急いで… 急いでったら

夫が来る 私をかばう必要はないわ 彼の態度を許してあげて 分かってあげて 今から許してね 許して お願い

いいわ

 

彼女のせいじゃない

俺の女だぞ! こいつの食事も家も酒も! 俺が現金で払ってきた お前の心も身体も俺のものなんだ!

やめて 約束してくれたじゃない!

俺の女だ! 現金払いだぞ! 行くぞ! 出て来い! 帰るぞ!

やっぱりな ややこしくなってきた 結論が出るわけない やりすぎると女性の恐ろしさを見る

そっちが帰らないなら俺がここに残って見せてもらおう それもいいだろ 興奮するかもな パーティーだ 飲み物でも取るか 気楽にしろよ! 楽しめ! 恥ずかしがるな さあ見せてくれ 始めろよ 俺に見せて見ろ 完全に愛想を尽かすほど打ちのめされたい やるんだ! 口にキスしろ 口にするんだ! 次は首だ 俺を不快にさせるんだ! もう一度だ もっと!

やめて

アルマ やめろ 少し考えたんだが結婚指輪を外してくれ あった方が興奮するとは思うんだが理由は分からん 外してくれ 外すんだ

いつまでこんなことやらせるつもり?

これを望んでたんだろ? 違ってたんなら悪かったよ それなら何なんだ “かなわぬ愛”か? 俺達はどうなる? 夫から逃げたいんだろ? 夫からも結婚からも指輪からもオサラバか! 俺の結婚指輪を返すんだ 指輪を返せ 返せったら!

私の問題よ!

俺の指輪をよこせ この売女!

愛してるの! 彼女を! こんな指輪要らない こんなの要らないわ

ほっとけ 触るんじゃない! 触るな!

あなたに触りたくても今までできなかったわ

 

あなた嫌いよ

男ってのはな すぐ感情に流され人前だとよけいイバる 忍耐がない

さあ

やめてくれ 聞こえないのか!

立ってよ

まだ選んでない 本気にはな 俺かお前か選ばせよう 結論は出てない

彼女と暮らせる?

何様のつもりだ 俺より偉いと? 自分をよく見ろ 逆の立場だったかもしれん 俺と同じだよ

奴ら何してるんだ 見てこい

お酒を

酔っ払った彼女を介抱するのはどっちかな おいお前 外にいる友達に飲み物を運ばせろ 彼女の分だけじゃなく俺のも ともかく暖かくて居心地はいい 悪い雰囲気じゃない もしあんたが帰りたいならそうするのも構わない 下で飲むのもいい 止めやしない そうだろ?

俺はチョイ役だが驚いた顔なんか見せやしない いいか 気をつけろ 何もするなよ 分かったな

彼女何しに? 私を見てるわ あんな目をされるのイヤ 吸い込まれてしまいそう 私が映ってない

やめろ そんな目で見るな

見るなら他人のように裁きの目で見て

出ろ あの娘が苦手か

意地悪しないで

これを運んだだけさ あっちにいる 用があれば呼べよ

みんなで何か食べに行かないか あんたも一緒に残るんだよ アルマがいいと言うまで

そうね 分かったわ

どんな時も私は一緒よ ロウソクになって眠るまでいてあげる なぜ誰も愛さないの

 

私のことを忘れさせて 彼女一人で戻ってくるわよ 言うこと分かる?

俺か? 分かってるよ お前は?

俺のコーヒーとデザートは? 気分でも悪いのか? 子供の頃は無理に食べさせられたろ 全部食べなきゃダメだ 熱意と勇気と誇りをもって 彼女には誰か必要だ 罰してほしいんだよ 罰したいんだろ!

この間抜けの使い道が分かるだろ 正論を語る

何か頼めよ

彼女出てったわ

ウソ言え! 見張ってたぞ! ひどすぎる!

どこへ?

捕まえて来い

お見事

早く!

やられたな 駅へ行く 居場所を? 激しい攻防だ 情熱の競り合いか

情熱なんか分かるの? 報告書でも書けば? 中身のないやつをね 汚らわしいイヌの失敗 役立たずね

バカにされるのは慣れてる 慎重にやるとあの子に約束した

私のこと好き? いいわよ 抵抗しないわ

あんたが必要なんだよ 動かないで さあ来るんだ あとを追うしかない いいか みんな乗ったな? 一緒に追跡しない奴は誰でも殺してやるぞ

 

 

キャビンR

いたのか?

キャビンR

彼女を取り返しましょ 男どもを片づけるの さあ 勝手にさせていいの? 遅れを取るわ

もう別れたのよ

待ってくれ 急ぐなよ 順番がある 彼女はキャビンで忙しい 二人で再出発の儀式でもするのかも

 

来たよ さあ これが望みか? もうやめてくれ 我慢できないんだ 信じたくない 君がそんなに俺を傷つけたいなんて なぜこんな不潔で臭い船に俺を連れてきた? 俺の髪をなでつけてくれ できることなら切り刻んで放り投げたい

彼女は?

前甲板でボーッとしてる 船首像のようにキレイだ お前もな

何も言わず何もしなかった 勝手に悩んでるわ ひどい女よね 寝入ったあなたの顔や道端に立つあなたを見たかった あなたを待つの 駅の近くのバーで… 入ってくるのを見て考えるの “彼女よ 信じられない” その時魅惑されるという本当の意味が分かる でも寝てくれない 彼も大切よ

なぜ彼までここに? それも私と なぜなの?

分からない 私も知りたい ウソはついてないし二人とも大切にしたわ

汚れて不幸になってまでかっこつけて! もっと自由になるのよ!

自由を望まないとでも思うの? 誰があなた達と暮らせる? 二人とも退屈なだけ 私に何もしてくれない 何にも! うんざりするだけ!

いい滑り出しだ

すごく祈りたい 子供の頃みたいに 猫を捜そうと祈ったら見つかったの くだらないことも祈った 生理が来るようにとか でも今は断罪されるようにと祈るわ 魂なんか救われたくない

 

イギリス人は勝敗を予想してるのかな いったい何を書いてる

うるさい

ごめんなさい

謝ることないわ どうせ聞いてない

これを彼女に

彼女を捨てないで

一人にしてくれ

捨てちゃダメ

うるさい! ほっといてくれ

奴らと一緒に泣きたいか? この舞台は役者も芝居も最悪 最低の出し物だ 何を持ってる 手紙か 手紙だろ? アルマにか 恥を知れ 中身は分かってる “戻ってくるな 終わりだ 誰か探せ 夫より” 裏切者! アルマを不快にさせる手紙なんて!

 

みんな怒ってる 前は笑わせたのに… バカだったのね 彼は喜んでた もうイヤ 勘弁して それが分からないの? 私は標本箱の中のチョウなのにすべてが私のせいだと… 私を勝手に解釈してるだけ 私がどれほど死にたいか知らない 彼女は私を愛し守ってくれた 殺してくれなきゃ死ぬわ

お前には人殺しが必要だ

情熱を抑え結末をつけないよう人生を送ってきたわ でももう疲れたの 昔からずっと… 彼女とキスしたい 行って

 

彼女は連中を愛で丸め込む

彼女と寝た?

うるさいぞ 変態め!

床に伏せな! くだらない男だ 動くな!

銃を持ってるなんて聞いてないぞ よこせ

質問に答えるのよ

彼女とは寝てない まったくダサい銃だ 見る気もしない 一人にしてくれ! 昔なら銃よりナイフを抜く場面だぞ どんな時でもナイフで片をつける

ナイフが欲しい?

どこにでもあるようなナイフがな 銃じゃなくナイフだ 子供のくせに寝ないのか?

すごく用心深いのよ 知らなかった?

旦那は?

もう興味ないわ 好きにして

 

銃を持って来ただろ 出すんだ 怖がることないだろ! ベッピンさんよ! 月並みな女のくせに!

バカ! 男のクズ!

 

ナイフの贈り物 みんなも同じ考えよ ケガしないで

 

触らないで! あんたは冷酷で下劣な人間よ 私を死なせたいの? それとも彼に渡す気? 二人とも最低よ!

待ってたわ!

何もできないくせに!

俺のものだ! 来い

そうよ 私を! 撃って!

アルマ!

動いたら撃つよ! 動くな! いいわね! 本当に撃つよ! 撃つわよ! 本気だからね!

 

『ラ・ピラート』

ヘンだけどいい子

ポネット まだ起きないの?

ママと話すの

どうして?

話したいから それにママと遊んだの

何を話したの

今いる所を聞いたら天国だって言ってた いろんな色のお城があるんだって あたしとママのお城は赤いお城で屋根は金色 ママと一緒にそこに住んでるの

バカだな ここにいるのに…

夜だけママと一緒にいて昼はこっちにいる だから夜の方が好き

どうしてそんなこと言うの?

皆が優しくないから

優しいだろ?

ママには?

遊んだなんてウソよ

ヨヨットにきいて 一緒にいたの

ヨヨットが話せる?

話したくなれば話すの

人形と遊んでな

ママともね

お前が話せないとか ママと遊んでないだって マチアスなんか死んだってずっとお墓の中だわ ネズミにかまれちゃえ 部屋を片づけなさい ママもあたしも怒りますからね! ちゃんとしない子はこうよ! ほら泣かないで ケガを治してあげるからね 怖がらないで すぐよくなるわ ママは大ケガだったの でも昨日は治ってた 元気だったわ お前もすぐ治る

遊ぼうよ 勝手ね 何でなの?

ヨヨットがケガしてるから

 

昨日ママが来なかったの

なあに?

夜会いに来るのよ

夢に出てくるのね

ううん 帰ってくるの でも昨日は…

来られない夜もあるのよ ママも眠るから

今夜はどうかな

さあ でもお前が会いたければきっと来るわ

あたしは毎日会いたい

そうだ お話をしてあげる 本当にあった話よ イエス様を葬ったお墓の上に大きな墓石をのせたの

閉じこめるため?

死んだ人が静かに眠れるようによ でも皆がお墓を訪れてみたら石がずれててイエス様が消えた代わりに光り輝くきれいな服を着たふたりの人がいた 誰か分かる?

王子さま?

いいえ 天使よ 天使が言った “イエス様は生きておられます” そしてお友達の前に現れたの でも皆は幽霊と思って怖がったわ

デルフィーヌが死んだ人は魂になるって

イエス様は人間として再び現れたのよ 復活したの

前と同じ姿で?

そして今は天国で生きてるの

ママは? ママも同じ姿で戻るの?

今は天国 でも誰でもいつか復活する そうすればパパとママと一緒よ

いつそうなるの?

それは神様がお決めになること

どうして? 伯母さんはなぜ天国へ行かないの?

きっといつかは行くわ

今はなぜ違うの?

いつか必ず行くの

ママはあたしといたかったのに… 今日はきっと来るからもう寝る

おやすみ

 

何してるの

ひみつ

それならいいわよ

一緒にいていい?

昨日はママが来なかったの

何して遊ぼうか

遊べない ママを待ってるから

死んだら死ぬんだよ

イエス様は生き返ったもん お友達のために… ママはお友達以上よ

おじいちゃんは死んだきり

誰も待ってなかったのよ

ひとり?

お姉ちゃんはいないしポネットはママを…

待ってる遊びね

本気で待ってるんだ

ポネット マチアスと遊べば?

今はダメ

何してるの

ひみつなの

ママを待つお遊びって? どんなの? “私の娘のふくらはぎだね また死んだわ でもおまじないを聞けば生き返れる”

どんなおまじない?

イエス様のよ

本当に効く?

好きな人が生き返るの 信じないならママにきいて

おまじない教えて

ないしょで教えないとお前に不幸が来るの

タ リ タ・クム!

皆もういなくなったわ 来ても平気よ もうちょっと頑張って

お腹は?

食べたくない

食べないとパパが悲しむわ

すいてない

何を待つの?

なんにも ただ見てるだけ

ずっと待つ気?

わかんない

私も神様をすごく信じてる でもお前には負ける ママと一緒に天国へ行って神様の愛に満ちて戻ったみたい 怖い気もするけどすばらしい子ね ポネット ごめんね

何が?

ママを待ってても戻らないわ

戻るもん

イエス様以外の人達は本当に戻ってこないの

あたしだって本当に飛べる

ママはお前を見てて今でも愛してる でも戻らないのは確かよ

空飛ぶネズミは逆さまに飛べるの 普通にもよ それでひっくり返る時はこうやってそれから翼をこうするの あたしも飛べる

じゃあ飛んでみて

空飛ぶネズミは見えないの すごく速いから… あたしには見えるの

どう言えば分かってくれるの やめて 空飛ぶネズミの話は終わり

いつか皆に飛び方を教えてあげる

ママは戻らないわ さあ 帰りましょ

いや

私がそう決めたの

イエス様がする事を決めるのよ

お前の面倒を私がイエス様に任されたの 分かった? 入りましょ

 

あしたの朝ママと出てってもう戻って来ないから ここの人は皆ママの敵

僕は違う

戻ってほしくないの

ほしいよ 君のママ好きだもん

ママに言った?

だって…

今でもママに言えるわ

どうやって?

目をつぶって祈るの

そんなの信じない

お祈りして 目をつぶるのよ

手はどうやるの? こう?

ぴったりと… こうしてお祈り… こうよ

こう?

ううん その半分 その指だけ わかった? こうよ ダメ まっすぐするの

こう?

違う こうよ

何で 大好きです 聞こえますか? ポネットに優しくします それだけです

よくできたからママとの隠れ家教えてあげる 他人に言っちゃダメ

わかった

 

ここで待ってようね おはようクマさん 一緒に行くけど静かにね そうしないとイエス様みたいに捕まる “どうして?” イエス様を捕まえた魔女がいるからよ 見られたら大変 早く隠れて!

何してるの

別に

ここが隠れ家? こんなに近くじゃ皆に見つかっちゃう

今ママは眠ってるの 歌を歌って起こしてあげなくちゃ

歌は知らないし死んだら起きないんだぞ バカみたい

ママの邪魔しないで 会いたくないって

戻ってこないんだ

ここじゃダメ ママが嫌いだし近すぎるわ きっとママがすごく喜ぶわ ママに優しくしてあげるのよ そうじゃないと来なくなっちゃう プレゼントを見つけなくちゃ 会いに来るよね! ママ! タ・リ・タ・クム!

明日は仕事だが2時間かけてきた 帰りも2時間だ ひとりで何してたんだ

ちっちゃなプレゼントを探してたの

パパにくれるため? ママのためか

パパのもあるけど…

ずっとママを待つ気? 少しおかしいぞ

ううん

病気だ どうせ従姉弟や伯母さんの影響だ 頭がヘンだぞ 神様は話しかけてこない 神は死んだ人達のものだ ママは死を恐れなかった 神様やイエス様といさせてあげなさい 頼むよ お前はパパ達の世界に住んでる 命のある世界だ そんな考えだとずっと悲しいぞ

怒ることないのに…

バカな事をしなけりゃ怒らない! 分かったか?

うん

 

お友達になる?

ヨヨットにきいてみる

だれ?

お人形 この子も喜んでるわ

うれしい よかった

 

おしっこしたい

行こう トイレに連れてく

何してるの

ポネットをトイレに… 元気なくて

病気なの?

悲しいと黙っちゃうの

私が連れてくわ

はい

悲しむのはやめて

悲しんであげなくちゃ

ママも悲しんで天に昇る時きっと泣いた 神様もそうだわ イエス様は地上に来る時泣いたけど子供のように陽気なの

子供なんて楽しくない

神様は合図を送るのよ

どんな?

そばに来て触れるの

一度もない

気づかないだけよ

気をつけてるもん どんな顔してるの

ないわ 聖霊だから

イエス様は違う

昇天なさった時聖霊になったの

パパはそんなのウソだって… 悲しくなるだけだって言ってた ウソをついちゃいけないのよ

大丈夫?

廊下にいた女好きじゃない

でも優しいのよ おやすみ ヨヨットにも伝えて

おやすみ パパ おやすみなさい

 

おいしかった?

うん シロップ好きなの

僕も好きだ いちばん嫌いなのは座薬 あんな物2度とイヤだ

あたしは座薬大好き

 

神様の子なの?

そうよ

神様の子ってなに?

神様がパパみたいなもの

本当のパパはいないの?

いるけど神様に質問もできる

神様は力があって全能なの いちばん強いから皆に命令できる イエス様は全能じゃないの 神様に命令できないから… 神様の子になれば神様にお願いができるわ 命令できる人だっているのよ

パパは神様を信じない

あたしは神様を黙らせたりできる しゃべるすぎる時よ ある事をして声を消しちゃうの

どうやって?

それは秘密

どんな声?

太くていろんな所から聞こえる 下とか上 右からも左からも 全部から 神様が言ったの “テストを受けろ” “テストを受けなさい”

神様の子になれる?

あたしは全部通ったの やってあげようか? でもパパが信じてないなら通らないかも

あたしは信じてる

やれるかどうか神様にきいてみる

神様に頼みたいのはママにあたしと話すよう命令すること

ママに直接言えないの?

死んじゃったから

死んだ人とは話せないからママにも頼めないのね 神様が決めることだけど神様の子になれれば話せるわ

神様の部屋で?

神様の部屋?

お祈りする部屋のこと

礼拝堂ね 神様とは話せるけどママには聞こえないの パパが信じなくてママが死んでても通るかな 明日最初のテストをしましょ

 

溶岩って知ってる? 恐ろしいのよ 溶岩に落ちたらすぐ燃えて死んじゃう 小さな島の間を跳んで渡るのがテスト その眼鏡をかけて あたしは溶岩を歩くけどテストに通ってるから足だって熱くない いい? 手伝ってあげる 落ちたら死んじゃうから その眼鏡だって溶けちゃうの パッと! さあ始めて やったわ! でも次がとっても難しいの ほら ミスったけどあたしがいてよかった 靴は大丈夫? 何も感じない? ゴムが焦げてるのに臭わないの?

臭う

最後は島から跳んで陸に戻るのよ やって のろまさん まだあるけどひとつ目のテストは何とか通ったわ

少し難しかった

でも力がつくのよ

 

全能の神様 全能の神様 ママは死にました 神様と一緒のはずです でもママとお話ししたい 頑張ったのに話せません 全然答えてくれない お話しするよう伝えて下さい ママ見てた? 全能の神様に話したの 大きなキスを送るわ

 

“カロリーヌの子犬は…” どうした

頭が痛いんです 部屋で寝てていいですか?

デルフィーヌ ついてって

薬をもらいましょ きっとすぐよくなるわ 眠るのよ

全能の神様 全能の神様 あたしがお祈りしたことママに伝えてくれましたか 神様とママのために祈りました 病気じゃないけどベッドで待ってます こうすれば誰も気づかずにひみつにできます これは2度目のお祈りですがすごく幸せです 感謝します

 

よく見てて 同じことをするの 怖いんでしょ テストに落ちるわ

いいもん

怖いんだ

神様に嫌われたから

どうして?

神様が怒ってるの きっとそう すごく怒ってる

誰を?

あたしを

こう言ってたわ “ポネットにテストを受けさせるのだぞ” それだけ

何にも聞こえなかった 怖がってないでしょ

これで2つ通った

もうしない 神様が話しかけたら続けるけど

話すわけないわ

全部のテストを通ったら?

そうすれば話してもらえる 続けなくちゃダメ 今度の休みに練習しとけば受かるわ

何をすればいい?

勇気をつけるの

 

殺してくれ

いつも殺してるでしょ

後でぶつからイヤだ 刑務所にでも入れよ

僕を殺して

殺したくない

これ貸してあげるから

頭を撃つからね

すごい! 思いっきり叫ぶよ 他の人を殺すな

どうして?

僕のピストルだ 返せ 返せよ 返せ 僕のだぞ ママを殺すような悪い子め 他の人まで殺すことないだろ ママを殺したんだ ママが死ぬってことは子供が悪い子だからだ わかったか!

ウソだもん 悪い子はあんたよ!

僕がいい子だからママは死なないんだぞ! そうだろ!

いじわる!

死んで当然だ!

ここにママがいてもそんな事言うの? ママがいたら… いじわる!

 

どうしたの

あたし死にたい

どうして?

死にたいから

アントワーヌのせい?

あたしが…

何て言われたの

あたしがすごく悪い子だからママが死んでも当然だって…

バカだなあ

ポネットも僕も優しいよね 優しい人はプレゼントをするんだ だからバットマンあげる なくさないようポケットに入れて 僕にも何かくれなくちゃ 何をくれる

パパの時計

いいよ

後で返して

うん もう部屋でおやすみ

この世から消えちゃいたい

どこに行くの

ママに会いに行く

きっと天国だよ

そうすると… 死ななくちゃいけないわ

でもパパが金曜に来るよ アントワーヌを殺したい? 殺したら死ぬのやめる?

でも死にたい

あいつを殺して死なないか殺さないで死ぬかのどっちか どうやったら殺せるのかな

本物のピストルを買えばいいわ

でも殺したらオレリーに怒られるよ

怒らないわ

明日から休み時間には僕のそばにいるんだよ ヘンだけどいい子だ 死んじゃダメだからね キスして 部屋に戻るんだよ

 

『ポネット』

ないね

レナート お呼びで

やあ ペレ 咳が苦しい よく来た

あの… 今なんと?

よく来たな!

終わるまで外で待ちましょうか?

今話そう 3時の便で発つからな

分かりました

不満のようだな

いえ ただ残念なだけです 700人もの解雇ですから

事情は分かるはずだ 目標は1000人だぞ

本気で?

ああ 何事にも終わりが来る

しかし…

ピラミッドも滅びた 蒸気機関車も…

今なんと?

蒸気機関車も役目を終えた

その通りです

時代が変わったのだ ペレ

しかしながらこのままでは閉鎖するしか… 危機的状況です

関係ないさ

でも…

ここを脱出するのだ

しかし…

残る意味があるのかね?

ありません

終末の時我々ははるか彼方だ

 

ひどい渋滞だ 深夜なのに どうした ペレ? また買えばいいだろ 新品をな!

ああ…

 

信じて 本当なのよ 大渋滞なの 4時間でたったの200メートルよ 嘘じゃないわ じゃあどうしろっていうの?

元気?

元気かだって? いろいろ大変さ

分かるわ 息子さんが

ああ

ずっと待ってたのよ

遅れた理由を聞かないのか?

聞いてほしい?

みんな燃えてしまった 全部灰になった

全部?

言ったろ 店が燃えたって

父さん どうしたの?

みんな燃やしてしまった 店は焼失した 見ろ 帳簿だ 全部燃えた 財産がパアだ

仕方ないよ

お前はそんなことしか言えないのか?

心配してたんだ

話がある

何の?

将来のことだよ これから我々はどうなるか? どうやって暮らしていけばいいか 望むものは慎ましい食卓にささやかな幸せ

ここを抜け出す方法は?

ないね

 

電話ぐらいして

大変なことがあった 店が燃えた 全て灰になった 私が放火した 捕まるつもりだった 分かるか?

何てこと!

放火が発覚して全てが終わるはずだった

 

通りの渋滞はひどいな この8時間まったく進んでいない 街中の人が同じ方角を目指している 奇跡じゃないか? 彼らは一体どこへ行こうとしているんだ? 食うか?

いや

マスタード味だ

いらない

この辺の住人?

以前はね

ここで何してる?

通りがかりだ 昔はあの最上階の部屋に住んでた

ほう

追い出された

何だって?

彼女にポイされたのさ

そりゃひどいな 同情するよ なあ 教えてくれないか 彼女の名は?

スサンヌ

スサンヌ お前に情ってものはないのか? 窓を開けろ! あばずれ! メス犬! スサンヌ! スサンヌ! 残酷すぎるぞ! 窓を開けろ!

誰だ? 知り合いか?

知らないわ 信じて ミッキー 本当に知らないの

 

久しぶりだ

そうだな

急に人が… 脅かすなよ

僕が?

そうだよ 罪の意識を感じたよ 顔に出てるんじゃないかと思ってね 心の中が

いや

君は自殺したと噂で聞いたが

したよ

なぜそんなことを?

仕方なかった

私を責めてるかね 私のせいか? あれは誰?

悲しそうだが

なぜだ?

行き場のない霊だから

何してる?

姉さんを捜しに

姉さん?

そうだ ドイツ軍に処刑されたんだ 彼も殺された 姉さんに謝れなかったことを悔いているらしい

謝るって?

何かとてもひどいことをしたようだ 傷つけるとか

 

なんてひどい! 聞くに堪えん 何で殺されたんだ?

民族問題だよ 迫害されたんだ

ひどい… ここでどうしようと?

誰が?

少年だ

何をって… 何もできないから悲しむだけだ 死ぬ前に謝りたかったのにそれができなかったのだから 彼も続いて殺された 悲劇だ 今となっては何もできない 死人だから 二人ともな

スヴェン 私の借金は? 28万? いや 28万7千だったな 正直言ってほっとしたんだ 君が死んだと聞いて “これで返済しなくて済む”と 借用書もないしこれで自由だと 私はどうすればいい? いまさら返済はできないし…

確かに

私はただのくたびれた男でささやかな生活を守るのに必死なのだよ

 

何探してるの?

書類だ 公式報告書だ 面倒な報告書なんだ この国が行き詰った理由の分析だ

思い出して新しく書いてみたら? ねえ?

長いものじゃないがとても説明が難しい 復興の望みはないのだから無理だ 我々はそんなことを決める立場にはないのだ 我々ではなく運命が決めることなのだ 運命を従わせる力などない 少なくとも我々には 我々に出来るのはせいぜい運命に手抜きをお願いすることだけだ

 

悪いが言葉が分からない だから助けようがないんだ

 

スヴェン? スヴェンなのか? なぜついてくる? なぜ俺を苦しめる? 何をすれば許してくれる? 借金の返済か? でも誰に? スヴェン! 和解はできないのか? 過去は水に流して未来を見ないか そうなれば私は嬉しいよ 分かってくれよ もうダメだ 耐えられない 何とか言ってくれ! 頼むから多くを望まないでくれ 私はただ静かに穏やかに暮らしたいだけなのに

 

『散歩する惑星』