虫けら

“ここは彼が暮らせる世界ではない”

 

ご覧のとおり変形関節症のため膝が腫れてます

そうですか たまに痛むんです

健康管理を怠らないように 以前よりも結核菌が増えてますよ 強めの薬をお出しします 脂身が多い料理を食べるように 通院は大変でしょうから2ヵ月分を処方します

 

仕事は終わった? 昼間はどこに行ってたの?

病院だ

その年で病院通いだなんて ヨロヨロで死体みたい

これは何だ?

飲みましょ 鶏肉も茹でたわ 精力をつけなきゃ

死体相手に精力など要らんだろ

死体しか目に入らないのかしら

遠ざかっていく 君の寂しそうな後ろ姿 大声を上げて呼んでも 君は振り返らない もう見られない 君の温かい笑顔 後悔しても 涙を流しても もうムダなこと 揺れる通りの上を 君の顔が通り過ぎる 大声で君の名前を呼ぶ あれほどに愛した名前 流れる涙を止められない だから瞳を閉じる 過ぎていく時間の中で 恋しさだけが募っていく

酔っ払った 飲みすぎだな 片づけておくから君はもう休め

バカな奴

 

お金ある?

何に使うんだ

アソコを切り落とす こんな生き方したくない 性転換手術をして女になりたいの

ホルモン注射に使え

 

メシは?

食ったよ まだなのか?

食欲がない それより今から飲みに行かないか?

チョンさんも昨日飲みすぎたようだ 疲れた顔してる 家に帰って奥さんにスープでも作ってもらえ

スープよりも女房の尻を拝みたい いつも先に寝ちまうんだ 尻の形も思い出せないよ 俺は坊さんか? 死体と暮らしたほうがマシだ

ここの可愛い子を紹介してやれ こいつの尻の穴に防腐剤を詰めて一緒に棺へ 死体に恋するかも

女房を抱く楽しみくらいなきゃな そうだろ?

奥さんが寝る前に帰れよ お疲れ

今度飲もうな

 

熱く燃えた愛も徐々に冷めていく 目を閉じても見えない ああ 私の姿 深く傷ついた心もいつかは癒えるはず 涙を流さなくても1日は

イカれてる

過ぎていく 過ぎていく時間の中に 行く当てのない私を残したまま 深く傷ついた心もいつかは癒えるはず 涙を流さなくても1日は…

 

床で寝るなんて 死体を守ってる気? 私たちの人生ってなんでこんなに悲惨なのかしら ねえ 一緒に死なない? 答えないの? 死にたくないのね もう獣みたいに生きたくない 生まれ変わっても同じ体かもしれないわね 私たちは虫けらのような人間よ 否定したって周りの人はそう思ってる 連中の飼い犬より下に見られてるのよ

バカか なんてことするんだよ つらいのは私も同じだ 周りの目なんか関係ないだろ 死にたいなら他でやってくれ 母親の前で死ねばいい バカなことしやがって そんなに嫌なら体を売って紛らわせろ そうすりゃいい

最低な男ね 私たちみたいな人間は死んだほうがいいの これがある限り私は男でも女でもない 虫けらよ あんたも同じ

 

イカれた野郎だ 我が子を人質に取るとはね

そんな親なら死にたくなるな 変な連中ばかりだ “憂鬱なカササギ”を?

鳥が憂鬱? 笑えるよ

今何か轢かなかったか?

犬か猫の死骸だろ

疲れててよく見えない

 

チョンさん どこだ? 出かけたのか?

そのようだ

いないな

 

私は“チョン”ではない 本名はハン・へウン 顔も知らない母親がこの名と共に私を捨てた しかし本名で呼ばれたことはほとんどない

 

さっきの話の続きを

カササギが飛び立とうとするんだが 突然羽を閉じてしまうんだ

憂鬱な話だな

 

『ウエイト 呪われし存在の重さ』

別のもの

ミヒャエル・ハネケ セルジュ・トゥビアナ対談

1つの家庭に固着してある家族の断面を描いた2本の映画を撮った その後に視点を広げたくなり“かっこ付きの社会”の断面を描く映画を撮った それが目的だ 3部作を撮ることでほんの少し視点を変えてみたかった

3部作とは?

ポートレートだよ 私が生きている社会について 私が知っていることの “無関心の時代”と言われ続けて今や時代は… いや 今のは間違ってたな “氷河期に ついての3部作”だよ いつもその質問につきまとわれ話すのが嫌になった 私はうんざりしてる 人が監督や作品に貼り付けたがるラベルに 私は言葉で表現 できることよりもっと複雑な表現をしたい 3部作のテーマはお望みならコミュニケーションの不可能性と言ってもいい そのことは私自身の心の最も深い部分 に抱いている想念で私の映画は常にその問題に迫ろうとしている 人は会話する だが伝わらない 関係が近いとさらに悪い 近くなればなるほど話さない

“現実は断片だ”という考えが映画の構造にある 断片からでなければ現実は理解できない

断片からしか理解できない 日常的に経験してるよ 人は僅かしか見ずさらに僅かしか理解しない “メジャー映画”だけだよ 何もかも分かってると言い張るのはうんざりだね 20世紀の文学においても少なくとも20世紀後半には全体を知っていると主張してものを書く作家はもはや存在していない 誠実に物語れ るのは断片においてだけだ 小さな断片を示しその断片の総和が観客に向かっていささかの可能性を開く 個人の体験に基づいて考える可能性を つまり観客を挑発するのだ 感情や思考の機械を回転させる 始動させるのだ 音楽には1つの主題があり対立する主題がある それが音楽の構造だ その構造によってソナタの世界が開けていく それと同じだ ドラマツルギーを持つ作品 もちろん心理的背景も 観客はどう反応するか? 映画を作るときは常に観客の反応を意識すべきだ 私は典型的な誰もがよく知ってる断片を描きたい 知ってることと理解することは別物だ 映画は“全体”だと言われる ある人物はこうだと そうじゃない こうでもあり得る こうでもありこうでもない 矛盾がある それが人生の豊かさであり作品のイラつくところだ 人は作品の中で答えを与えられる ことに慣れてるが人生で答えが分かることなど決してない こうだろうと想像はできてもその想像は全く違ってる

映画は“示しながら隠す”と君は考えてる

示しながら隠せる それは映画の構造によるんだ 君がある状況である人物を示されたとする 君には状況しか分からない 状況は分かる “こういう状況だ”と言える 今はインタビューをしている状況だ だが君には分からない なぜ彼がそこにいるか なぜそんな話し方をするか それが映画の構造の秘密 あるいは義務なんだよ 矛盾を抱え込むことが 人生は豊かだという幻想を与えるためにね ドラマツルギーとして人は明晰な1つの方法を見つけたがる 人はある状況を正確に語るがそんな典型的な状況などありはしない 指差して“見ろ これだ”というような状況は それは“エクリチュール”の文学の仕事だ 納得のいくような典型的な状況を見つけるのはらしさがなくて…

何が?

つまりわざとらしくなく 時々は成功し時々は失敗する 危険だ だがたぶん…  生徒にはいつもこう話す “ビリヤードをするとき直接球を打つかクッションに当てるか” クッションに当てるほうがいい ドラマツルギーを持つ作品とは クッションで跳ねる状況だ わざとらしくなく説明的でも衒学的でもなく このセリフはアドリブじゃない 彼は話し始め今度は別の話に移りまた前の話に戻る  セリフの暗記は大変だ 特にある年齢を越すと

長回しだ

固定ショット 9分間の

挑戦し合うことも重要では? 監督と俳優が“現実”に挑む 映画の時間の中で現実をつかまえる 裏切らずに

もしシーンを中断すれば… たとえば卓球のシーンだ あの場面が情報として撮られてるのなら“青年が卓球をしてる 1分続く 終わり”だ 違う 場面はそれが持つ長さだけ続くのだ それによって人は別のことを理解する 構造の秘密とは長さだ 長さを見つけ出すこと 想像しながら私が観客ならこれを見てどう反応するだろうかと 私は卓球のシーンを見ている そして言う “もう分かった” 普通なら次のシーンだ 最初は楽しんでそのうち腹が立つ 次に飽きてくる  私は言う “先に進もう” そしてある瞬間見つめ始める それから呼吸するのだ シーンはそれが持つ長さだけ続く 難しいのはその長さだ この長回しでも別の作品の別のシーンでも同じこと それが秘密 音楽的な問題だ オーストリアの出来事でこの子と同じ年の少年がオーストリアに密入国した 一人で国境 を越え誰かに発見された それを記者たちが報道して結局事態は好転した その子には大宣伝になったわけだ 政府のお偉方は認めざるを得なくなったんだ 少年が養子になり国内に留まることを だが密入国して送還される何百人もの子供たちのことは語られない この事件が映画のきっかけだ マスコミ中が騒ぎ立てたその少年の物語が

驚いたのは少年がマンガを盗むこと 写真集を盗み撮るためにカメラを盗みそれに支えられる 映像の力に

少年の人生はそれほど快適じゃない 少なくともあの社会に流れ着いて彼が学んだのはそこは“美”があるということ 偽りの映像が 彼は当然社会に適応しようとする そこに参加しようとする その素晴らしき嘘に

君の作品にしばしば描かれているのは社会の重圧 そこに生きる人間 幸福はやって来ずもし来てもとても密やかだ 罪悪感があり重いテーマが… 君はそれを普通には描かない

そうだ それはとても単純な手法で暴力を描写しなければしないほどずっと暴力そのものを感じるのに似ている そして美と優雅さも… まあ好きに呼んでいいが 直接描写しないことでもっとそのものを感じることができる それらが存在するのは… この場合それを形而上学的と言ってもいい 思うにもし今日私がそれを… “美”を描こうとするならたちどころに嘘になる 唯一それを描写しないことで観客の反応を引き出すことができる 哲学者アドルノに私の大好きな言葉がある “芸術とは真実という嘘のない魔法である” これは芸術についての見事な定義だと思う それが何を表現してるか説明などせずに芸術に到達できたら… 私はよく自問する なぜかくも芸術作品と対峙すると幸福なのかと

特に音楽と?

特に音楽と だが同じように文学も映画も 芸術のない 人生など想像もつかない 何がこんな幸福感をもたらすのか? それは答えるのが難しい質問だ なぜなら… 神が存在しない時代にそれでもなお“別の世界” を希求しているということだから私が言うのは“天国”じゃない 別のイメージの世界だ それを描写しないことでその世界を喚起できる 描けばすぐに凡庸に なる あえて描きたければ間違った場所を指差すことだな それがその世界を喚起する最良の方法だ たとえば今ある神学の大学が私に関する2冊目の本を出す  彼らには私の映画が神学的に興味深いからだ それが偶然とは思わない だが宗教とは? 私はカトリックでもなければ…

信者でもない

だが もちろん私の映画はより良い世界への希求を表現している 当然のことだ もし現世に満足なら芸術は少なくとも演劇芸術は決して… 今の状態に満足していなかった 当然だ 偽りに対しては常に反抗すべきだ 悪や全てに対して では映画はいかに反抗しそれをどう示すか? 欲望をかき立てるのだよ “別のもの” への “消耗品”にはしない 悪であれ暴力であれ何であっても 一般に“メジャー映画”がそれをする 世界の最も嫌悪すべき側面であっても消費しやすくする

受け入れやすく?

いや 消費するんだ 映画を見る… とても暴力的な暴力は不愉快な方法で描かれる

通俗的だ

そうだ 胸が悪くなる

描き出される世界は暗い

描かれる世界は神秘は独りでに現れはしないのだ それが現れてくるのは… “現実”とのはざまの空間だ だがそのことが観客に神秘への希求をかき立てる つかもうとした途端に美は逃げ去る それが美のつきせぬ恩寵だ 手に入りそうで手が届かない

聖杯のようなものだな

そうだ それは何と言うのか… 精神の具現化… ラテン語が思い出せない ダメだ 現実を解き放った空間の中で精神は具現化される あらゆる形態の芸術の義務はそれはもちろん… その希求を癒すことにある それが… 存在する最も美しい芸術だ

 

『71フラグメンツ』

地上に降りる気なんてない

質問を始めるわ ロランス・アリア 何を求めているの?

私が発する言葉を理解し同じ言葉を話す人を探すこと 自分自身を最下層に置かずマイノリティーの権利や価値だけでなく“普通”を自認する人々の権利や価値も問う人を…

 

なぜゲイだと隠してたの

ゲイじゃない

なぜ言わなかったの 私が男に見えた?

ホモセクシャルとは違う

やめてよ 何が言いたいの あんたはゲイ それ以外の何者でもない

男が好きなわけじゃなく間違った体で生まれた これは自分じゃない これが付いてるのもおかしい 35年間男として生きることで本当の自分の人生を否定してきた

本当の人生?

女性としての人生だ

私が愛している要素を全部否定するわけ?

愛してるのはそれだけ?

一緒に過ごした時間は何だったの 全部最初っからやり直しってわけね 私もバカじゃない 何か感じたはずよね 例えば私の服で女装をしたことはある? 女装した? したでしょ 何を着たの

何も

言ってよ ワンピースとかセーター?

何も着てない

そう そう だけど… 言ってよ

君に失礼だと思ったから自分で新しく買った 着た服は捨てた フレッド ほんの2回か3回だけだ 多くても10回くらい

お化粧は?

まさか

するんでしょ それじゃ… 私の下着は?

一度だけブラジャーを ピンクのやつ 尋問みたいだ

シャツは白?

黒にした

それじゃ… 仕事は? どうするの?

女性として行く 冬休み明けから

忘れないように手帳に書くわ

“覚えておくこと”リストに

やめて 笑えない

自分を偽ってた 偽物の人生

ええ そうでしょうね 2人の時間も偽り? すべて幻ってわけ? ウソをついてた 私が真実に気づくまで 2年間も

ウソじゃない 黙っていただけ

1人にして 考える時間が欲しい

嫌いになった?

 

ママ ママ 聞いてる? 大事な話なのに

テレビを運んでおいて

床に置く? そんな態度やめて

どうしてほしいの

何か質問するとか驚くとか

何もないわ イカれた話を聞かされた いったい何を質問すればいいの 聞きたいことなんてないわ 私の反応が不満? 驚く? 何に驚くのよ 小さい頃よく女装してたでしょ 最近のパパの行動を? 病院に検査に行くたびのぞきショーに寄る 付き添いも必要ないって それにも驚かなかった フランスの家を売った 時も屋根に穴を見つけた時も驚かなかった いちいち動じる必要はないわ だけど話は真剣に聞いてる 母親なら告白を聞いて苦しむべき? 冗談じゃないわ  どうしろって言うの パパは?

パパって?

もともと仲のいい家族ではないわ 大変なのは分かるけど私たちを当てにしないで パパは拒絶する

男の格好で会う まだ愛してくれてる?

女じゃなくバカになった? 一本吸ったら送る

 

初日をお祝いしたいの

除光液とバービー人形も買う?

女装して街を歩くなんてタマが縮みそう

まだ付いてるの?

それは言わないで これどう? シンプルでステキ

自殺志願者風がいい? それともレズビアン風?

ひどい言い方しないで 教育に悪い

子供が欲しいの? 素敵な家庭を築くつもり? 店の外で一服ついでに吐いてくるわ 何よ

ママもあんたも冷たすぎる

私には無理

よく言うわね ステフ あんたや私だって超“普通”とは言えない でしょ? 拒絶するような世代でもないわ タブーなんかない

 

夏どこか行かない? イル・オ・ノワールとか 知り合いのいない場所で平和に過ごすの

“平和”?

言葉のあやよ

 

君自身のためにも学校を離れた方がいい 私は気にしない この世は自由だ 自由な世界 そうだろ 授業の質も落ちていない 保護者に手紙を出した “冷静な対応をお願いしたい”とね

授業が問題ないなら何ですか 新聞記事?

“親の会”のメンバーの1人が

“親の会”?

こちらの対応に不満を抱く親たちが集会を開いたそうだ 意見交換の場だ その中に地元新聞の論説委員がいてな

弱小の地方紙にすぎない

君は黙ってろ 話が伝わり大臣から電話があった

精神の病って何ですか

アメリカ精神医学会が出版した最新の“精神疾患ガイド”によると性同一性障害は精神疾患とされている

正義に訴える

難しいだろうな 銃乱射事件以来教育省は弱気で…

そうじゃなくて裁判という意味です 学校を訴える

理由は何だ 君のために全員で辞職しなかったからか 小説を書いたらどうだ

やめてください

処女作だ 訴訟はカネも時間も浪費する 勝訴したとしても弁護料は高いし何だかんだで大金がかかる 人目にもさらされる それよりこの機会をチャンスと捉え新たな道に進むべきだ

つまり経済的な安定を捨て文学の夢に生きろと説得しているわけですね

私は最善の道を提案しているだけだ 上からの圧力には抵抗できん

役員会からの要望でデスクとロッカーを空けてもらいたい 今日は金曜日だができれば月曜までに頼む

ムッシュー マダム “この人を見よ”

 

すみません コーヒーを

そちらのムッシューにも? 失礼 マダムかしら ごめんなさいね どっちだか見分けがつかないわ そういう外見だと全然分からない

大丈夫 慣れてます

それにしても変わってる 趣味でやってるの? キッチンでも話してたの そういうお仕事なのかしら 人目を楽しんでるとか?

うるさいんだよ ババア

ちょっと 失礼ね

いったい何のつもりよ 無神経だと思わないの?

単なる好奇心から聞いただけよ 静かにして 土曜のランチが台なしになるわ

責任者を呼んで

私が責任者よ

お願いがある 簡単なことよ しゃべらないで 質問も感想も必要ない あんたのバカな意見は頭にしまっておいて 私たちに外に出るなっていうの? 息をするにも人目を気にしなきゃいけないの?

皆が怖がるわ

そ れが何よ! 怖がる? バカ言わないで 彼のマニキュアが怖いってわけ? とんだ臆病者ね 私の目を見なさい あんたに話してるの 彼氏にカツラを買った ことある? ないでしょ どこかで殴られてるんじゃないかって外出の度におびえたことは? あんたには分かりっこない 土足で踏み込まないで もう二度と 私たちに話しかけてこないでよ あんたはコーヒーを入れてればいいの あとはほっといて! 何が土曜のランチよ ふざけないで

 

出会って何年?

9年になる 離れてた時期もあるけど それで2人は何があっても一緒にいる? 別れたこともない?

ないよ

ファニーはレズビアン?

そうね というか相手による アレクサンドルは… アレクサンドラ アレクサンドラン 心に従うだけ

なるほどね

そういうものなの

“心に従う”ね… 外見は重要でないわ

2人には簡単なのね 私には難しいけど 私は… 自分を欺いてる気分 真実から逃げてる

真実って? 君の言う“真実”は世間の常識に縛られてる 僕は男の心で生まれ女の体を与えられた 体の問題であり心の問題だ “真実”があるなら男性器を与えられたはず

君に幸せの形を見せたかった

幸せの形? よく言うわ 同類2人が隠れて暮らしてるだけ 街にいられず引っ越しただけでしょ 何が“幸せの形”よ しかもあの女! “外見は重要ではない”? よく言うわ 相手がデブだったら捨てるに決まってる

 

確かに私は遅刻したけどあなたは一度も私と目を合わせようとしない そんなに私が怖い? 石に変えたりしないから

視線が重要?

当然でしょ 空気と同じくらいに 違う?

“普通と異端の区分の消滅を望む”と本に書いてるわね 夢物語だわ

社会的な区分だね もうすぐ21世紀になる

2000年問題ね

それだけどコンピュータだけでなく若者にも変化を求めたい 私が飛び越えたように若者にも変わって欲しい 私は乗り越えた 女性として老いていく

どんな女性も老いる

女性として育ったあとにね

あなたは美しいわ

 

幸せ? 一緒にいた時はどうだった? いきなりこんな重い話をする気はなかったけどちょっと気になって 3年ぶりの再会だしね

そうね ロランス

名前を言ったのは非難のため?

別に意味はないわ

そのしぐさ大好き 私もマネしてる うなじがセクシーなの こう言ってるみたい “みんな 私とヤリましょ”

後悔してる?

何を?

分かるでしょ?

“君を失ったこと”って意味?

違う

違わない いいよ 答える 後悔はしていない 朝目覚める度求めたものの幻影を見るだけ 後悔じゃなく分かったことがある 私が女にならなくても2人は終わっていた

どういう意味?

先はなかった お互いの家族や仕事も順調に見えただけ 私たちはもともと社会のはみ出し者だった

どっちみち別れてた?

分からない 自分の決断を言い訳する気はないし許せとも言わない でも社会というのは…

やめてよ ロランス そういう話は聞きたくない 何を求めてるのよ 地上に降りてきてくれない?

地上に? 自分で何を言ってるか分かってる?

私に何を言ってほしいの

バカなこと言わないで 2人に対する侮辱だよ 地上に降りる気なんてない やっとの思いで… 降りたくない

分かったわ

 

『わたしはロランス』

カギ十字

めでたいぜ ヒッピー野郎 不都合な世界へようこそ
おはよう ビッグフット 星占いで“不幸”を呼ぶ惑星みたい ヒッピー嫌いの狂犬のご登場ってわけ クリスチャン・“ビッグフット”・ビョルンセン警部補 ジョン・ウェインっぽい歩き方 フリントストーンの髪型 “人権侵害なんか屁でもない”と言ってる邪悪な目
どうした 先生? お前の別れた女 シャスタ… フェイ… ヘップワース
シャスタ・フェイ・ヘップワース
グレンの雇い主 ミッキー・ウルフマンの情婦だ もしかしてシャスタはグレンとも… “FUCK”してたのか?
何言ってる?
だから殺したのか? さぞつらいだろうな まだ惚れてる女がナチス野郎とヤってるとは
その手つきムラムラしてくるぜ
“イタ公の猿め” 「地上の永遠」のセリフだ

俺だ なあ 実は新人警官をシャスタの家へ行かせたんだが
おい まさか…
彼女の家に到着して… 窓から覗き込み…
何だ?
ドアを開けたんだがその… 中に入ったところ彼女は… いっちまった 手遅れだった オサラバだ
オサラバ? 何のことだ?
姿を消した 彼氏と一緒にトンズラか?
姿を消した?
そう いっちまった
失踪か? 死んだのか?
グルーヴィだな
なあ ビッグフット もっとプロっぽく話してくれよ プロのフリでいいからさ
シャスタはいった
くたばれ!

気が進まなかったけれどドックはビッグフットに会わなきゃと思った LA市警本部に来るのはできるだけ避けていた 警察の裏の歴史やしがらみが渦巻いてる 警察帝国 英雄警官 悪徳警官 聖なる警官 イカれ警官 頭が悪くて死ぬ警官 よすぎて腐敗する警官 秘密の忠誠心と沈黙の掟によって彼らは“下界”から隔絶されている ビッグフットは今ここの空気を吸う

入れ歯どう? ヘロインはカルシウムを吸い取る 長くやってると歯が抜けちゃう 歯ならマシよね

君はジャポニカだね? ジャポニカ・フェンウェイ? ここで会うなんて
ドックは穴だらけの記憶を探った 以前家出した彼女を頼まれて見つけ出した 1日で見つかり家に連れ帰ったら彼女の父親が多額の報酬を払うと言って聞かなかった
最近調子は?
逃げてばっかり 逃げるのがうまいの
何から逃げる?
クリスキロドン 頭の病院よ 親が私を入れるの
ヒッピーの暗黒人生からジャポニカを救ったけれど家族の元に戻されたことで彼女はすっかり正気を失ったのだ
“シラフはサイコー”
レーガン州知事が精神病院の多くを閉鎖 その空白を民間施設が埋めることになった やがて裕福な親が子供を預けるようになりジャポニカも入れられた
当院自慢の映画館です バーク・ストッジャー特集で24時間バークの作品ばっかり上映します
ここは人民博物館だ
ウソの世界
患者に大人気なんです
この機械か? これはソ連の発明ではないぞ グラハム・ベルが発明した 米国人だ 分かったか “同志”! 展示品も街もまやかし 共産主義など腐っている
ジェイドが言ってた “すべてを牛耳って荒稼ぎしてる組織”と “黄金の牙”がヤクを売っているなら麻薬中毒の治療も商売にするはず 中毒にさせて治療する 儲けは2倍 米国的価値観から逃避したい人間がいる限り組織にとって新しい“客”は底なしにいるのだ
ご質問は?
あのタトゥーはカギ十字?
違います 古代ヒンズー教の印で意味は“万事吉祥” 幸運と健康をもたらします なぜお聞きに?
カギ十字かと思ったので
彼はここの常勤ではありません 無視なさって結構です

どんな女のコがいい? マンソンの取り巻きみたいなコ?
それは… 場合によるけど なぜクリクリやってるの?
洗脳されてどんなこともヤっちゃうセックス好きの小娘? 何も言わなくてもテレパシーで感じてほしい? そういうコ?
俺のエロ本見たのかな
マンソンなら今どうする?
こうはしないな ミッキーとのことは残念だったな
ミッキー… 彼ならビーチのチンピラを叩き直せる 彼ってすごくパワフルよ 彼といると自分が存在しない感じ 早くて 荒々しくて “優しい愛人”なんてのとは違う でもそこに惚れてた 私も スローンもルースも 自分が“無”にされる扱いもたまにはいいわ
男はそういう話を聞きたいだろうな
ランチでビバリーヒルズへ 大きな手で私の腕をつかみ光の中をぐんぐん歩いて暗くてひんやりする場所へ 食べ物の匂いはなくてお酒だけ テーブルには男ばかり お酒を飲んでる どんなに広い場所でも狭い場所でもみんな彼を知ってる 男たちの何人かは彼になりたがってる 私はヒモでつながれているのも同然 いつだって下着なしで服はマイクロ・ミニばかり “どうぞご自由に”ってわけよ 見るのも 触るのもね 時には彼の友達に提供され私はそいつの… 思うまま…
なぜ俺に話すんだ?
ごめんなさい ドック やめてほしい? 去っていった恋人がクソ開発業者のお抱え娼婦になったなんて 怒って何するか分からないわね いいえ ウソよ 私なら何をするか分かる 裏切り女が膝の上に乗ってたら…

『インヒアレント・ヴァイス』