人間であることを拒絶した者

君の目的はあの野獣なんだろ
野獣は檻の中にいるよ
檻?
ガラス製だ
防護のためよ

確かに載ってますね “輸送中 15人死亡” ですが この記録の管轄は私の部署ではありません 指令にあるように地元当局の管轄です
全国指導者のヒムラーが命令してますね そしてあなたが将校にその命令を伝達してますよね なぜですか? なぜヒムラーはあなたを通して命令したのですか?
決まりにより現地の警察当局または警察支部が私の部署に照会してきました そのため私がその件を処理したのです その後 次の部署に送りました 私は命令に従ったまでです
1両に乗せるユダヤ人の人数を決めたのはあなたですね
それが命令でした 殺害するか否かはすべて命令次第です 事務的に処理したんです私は一端を担ったにすぎません ユダヤ人輸送に必要なその他の業務は様々な部署が担当しました 今の私はジリジリと焼かれる肉の気分です もどかしいからですよ 明らかに根拠のない件ばかりだからです

彼は想像と違ってた
凶悪なSSにいたからさ
凶悪とは違う 違うのよ ガラスケースの中の幽霊みたい 風邪ひきのね 不気味とは程遠い 平凡な人よ

将校は忠誠を誓います 誓いを破る者はクズと見なされます 私も同意見です 今回法廷で宣誓しましたが当時も同じ考えでした 宣誓は宣誓です
忠誠を誓った人たちは総統の死後 宣誓から解放されましたか?
総統の死後? 宣誓から自動的に解放されます
尋問で語ったそうですね “父親が裏切り者だとヒムラーから聞いたら父を撃ち殺しただろう”と
父が裏切り者なら…
ヒムラーが言ったらの話です 父親を殺しました?
裏切りの事実が証明されたなら遂行したでしょう
ではユダヤ人抹殺の必要性も証明済みと?
私は手を下してません
葛藤は感じましたか? 義務と良心の間で迷ったことは?
両極に分かれてました
両極?
つまり… 意識的な両極状態です 義務感と良心の間を行ったり来たりで…
そして良心を捨てたと? 個人の良心をやむなく捨てたと?
そう言えます
“市民の勇気”があれば違ったのでは?
その勇気がヒエラルキー内にあれば違ったでしょう
では虐殺は避けられない運命ではなく人間の行動が招いたものだと?
そのとおりです なにしろ戦時中の混乱期でしたから 皆思いました “上に逆らったって状況は変わらない 抵抗したところでどうせ成功しない”と 仕方なかったんです そういう時代でした 皆そんな世界観で教育されていたんです たたき込まれていたんです

興味深くない? 彼は殺人機関の命令を遂行したわ しかも自分の任務について熱心に語ってた でもユダヤ人に憎悪はないと主張してるの
奴が移送先を知らないとでも?
移送先など関心ないのよ 人を死へと送り込んだけど責任はないと考えてる 貨車が発車したら任務終了
奴によって移送された人間に何が起きても無関係だと? そう彼は役人なのよ 想像を絶する残虐行為と彼の平凡さは同列に語れないの

皆さん 西洋には伝統的な先入観がありました 人間が行う一番の悪は利己心から来るものであると ところが今世紀に現れた悪は予想以上に根元的なものでした 今なら分かります 根源悪とは分かりやすい動機による悪とは違います 利己心による悪ではなくもっと違う現象によるものです 人間を無用の存在にしてしまうことです 強制収容所は被収容者に対して無用の存在であると思い込ませ殺害しました 強制収容所の教えです “犯罪行為がなくとも罰は下せる 搾取が利益を生む必要はない 労働が成果を伴わなくても構わない” 強制収容所とはいかなる行為も感情もその意味を失う所です 無意味が生まれる所とも言えます まとめます こう仮定しましょう 全体主義の最終段階で絶対的な悪が現れる 人間的な動機とはもはや無関係 だとすると次も真実です もし全体主義がなかったら我々は根元的な悪など絶対に経験しなかった

アイヒマンは絞首刑だ
当然でしょ
当然? 不当だ
死刑じゃ不十分?
判決は見せかけの正義だ
彼の行為に妥当な刑はないわ
だから生かしとくんだよ

彼はどこにでもいる人よ 怖いほど凡人なの
国家保安本部ではユダヤ人課のトップだ ただの凡人に務まるか?
確かにね でも彼は自分を国家の忠実な下僕と見てたの “忠誠こそ名誉” 総統の命令は法律よ 彼に罪の意識は全くない 法に従ったからよ
ヒムラーが虐殺を禁止した後もアイヒマンは任務を続けてた なぜだ? 任務を完遂したかったからだ
法律なんてすぐ逆手に取られるものさ “汝 殺すなかれ”が“汝 殺せ”になった 義務の遂行が良心より優先されたんだ
じゃ誰にも責任はないってことか? 殺人が罪なのは明白だ
それが分からない人もいたけどね

一般に悪は“悪魔的 サタンの化身” そう見なされがちだ しかしアイヒマンには悪魔的な深さがない 彼は思考不能だったのだ

“写真のあんたは北極の氷のように冷たく唇には侮蔑が漂い目は残忍だ”

“地獄へ堕ちろ ナチのクソ女”

人間が1人いるだけでした 彼のようなナチの犯罪者は人間というものを否定したのです そこには罰するという選択肢も許す選択肢もない 彼は検察に反論しました 何度も繰り返しね “自発的に行ったことは何もない 善悪を問わず 自分の意思は介在しない 命令に従っただけなのだ”と こうした典型的なナチの弁解で分かります 世界最大の悪はごく平凡な人間が行う悪です そんな人には動機もなく信念も邪心も悪魔的な意図もない 人間であることを拒絶した者なのです

『ハンナ・アーレント』

最終勝利

青少年よ 前に進め 国中をどこまでも 青少年よ 前に進め 誰も家にとどまるな

本当に来る?
何が?
“最終勝利”よ
弟たちを寝かせて すぐ戻るわ

目指すは自由 勝利が合言葉 総統よ ご命令を 我々は従います 目指すは自由 勝利が合言葉 総統よ ご命令を

刑務所に行くの?
私なら大丈夫
心配ないよね
収容所へ行くの 刑務所じゃない 罪人じゃないもの
もう戻らないの?
誇りを失わないで
心配しないで すぐ戻ってくる 怖くないからね 勝利の前の痛みよ

ここはアメリカ軍の占領地区である 待ち伏せによる発砲 サボタージュと略奪を禁止する 違反者は死刑に処するものとする ドイツ人もそれ以外の者も速やかに帰宅すること 外出可能な時刻は朝8時から10時までと午後4時から6時までとする

血が出てたね アリが一杯いた
死体の中に巣があるのかな
まさか 血は固まってる ありえないよ

“この残虐行為の責任は君たちにもある!”
パンをもらう時死体の写真を見たわ
パンはもらえた?
私は病気だもの 当然もらうわ
私はもらい損ねた 総統が生きてたらね

前と同じ写真?
別の写真よ 1枚はポーランド ほかはドイツよ 女の死体が写ってた 何体もね 裸だった 子供も
でっち上げさ 毎回同じ写真ばかりだ 角度が違うだけ
殺されたって話よ
黙れ その話はよせ
兵士が殺したんじゃない 証拠はないだろ 違うか?

別の人だよ
トーマス・ヴァイル
もう死んだ人だ なりすましたんだって アメリカ人はユダヤ人が好きだから
じゃ本名は何?
聞かなかった 死んだ本人の写真だ

お母さんは刑務所なんでしょ お父さんもね
恥じなくていいの すべて終わったわ お父さんたちは正しいの 私を見なさい! 間違ってない

給仕を待ちなさい 触った以上お皿に載せて ひどいお行儀ね 何してるの? やめなさい 下がりなさい

『さよなら、アドルフ』

虐殺の結果

見張りの者が“連中がキャンプの住人を射殺した”と叫んだ 並ばせて撃ったらしい “あそこです”と 私は本部の司令官に連絡し難民キャンプ内での異状を報告 だが司令官の返事は“ああ 承知してる” 了解済みだとあっさり言われた
当時本部が設置されていたのは?
100メートルほど離れたビルの屋上だ
高さは?
キャンプが見渡せる高さだよ 我々よりよく見えたはずさ

その夜は出歩く気になれずベイルート市内のアパートへ戻った 友人と夕食を取ることにしたんだ 友人は第211旅団の幹部たちを何人か誘ったよ 食事中ある連隊長が私を隅へ呼びこう言った “難民キャンプで虐殺事件が起きたと部下から報告が” そして具体例を話しだした 一家惨殺や銃撃を実際に見たかと私は聞いた “見たのは部下だが同様の報告が相次いでる” 食卓の話題は虐殺一色になった その晩だ 皆が帰った11時半 私は酒をあおりシャロン国防相へ電話を 牧場にいた彼は既に寝ていた様子でね 構わず私は言った “虐殺事件が起きているんです 犠牲者は難民たちですよ 早く止めないと” すると国防相は“君が見たのか?”と “違いますが複数の目撃者から報告を得ました” 彼の返事は“知らせをありがとう” “すぐに調査する”と言うべきだろう? なのに“ありがとう” “よいお年を”と同じノリさ 軽く流されてそれきり

あの大虐殺を実行したのはキリスト教徒のファランヘ党だった 僕らイスラエル軍は彼らを側面で支援 情報量は部隊ごとに違い近い部隊ほど詳しい だが誰もが理解しなかったのさ 虐殺だと思わなかった
君のいた部隊は?
わりと後方だったよ
何をやっていた? 思い出せ
ビルの上で光る空を見てた
なぜ光ってた?
照明弾さ 連中が行動しやすくなる
君も発射作業を?
なぜ? 作業したかしないかで虐殺への加担の度合いが違うのか?
当時の君には同じだったんだな 傍観者も実行者も同罪だと判断し君は虐殺事件の記憶を封印した 19歳で罪を背負ったのさ “ナチと同じだ”とね だが君は虐殺の実行犯ではなかった

翌朝5時に目覚めた私は撮影クルーに電話 全員を起こした その後車で難民キャンプへ 入り口に着いた時衝撃を受けたよ ワルシャワ・ゲットーの写真を知ってるかい? 子供が手を上げてる写真がある それによく似ていた 延々と続く弱者の列 アモス准将に連絡をと思った時本人の車が人々の前にやってきた 手前で止まり怒ったような動作で戻れと合図する それですべてが終わった
〈攻撃は中止 やめるんだ これは命令だぞ やめろ 難民は住居へ戻れ 家へ戻るんだ〉
ファランヘ党の兵士は立ち去り女性や子供たちは再び中へ戻っていった
難民?
ああ パレスチナ人だ 私はクルーに言った “彼らと一緒に中へ入ろう 何があったのか見ておくんだ” 内部はまさに廃墟 歩いていくと小さな手が見えた 小さな子供の手 がれきから小さな手が出てる 近寄るとカールした髪の毛も見えてきた 子供の頭部だ 土ぼこりにまみれていたが確かに頭だった 鼻から下はがれきに埋まって見えない 手と頭だけ 私の娘と同じ年ごろの幼い少女 カールした髪が似ていた キャンプ内の家には中庭がついてる どこも女性と子供の遺体であふれていた 男性の処刑後家族が殺されたらしい 次に私たちは狭い路地に入った 幅はおとな1人半ほど そこには私の胸の高さにまで若い男性の死体が積まれていた ふいに実感した “ああ これは虐殺の結果なんだ”


『戦場でワルツを』

決闘

名前は?
ガブリエル・フェロー
今朝やってた
午後も私と
軍人は分からんよ 一体何を考えてるのかな
その分からん男を治療するのも運命だ名前は…
フェロー中尉
争いの原因は?
彼に聞け
原因不明だな

町中が噂を ある老人によると 君らは前世からの仇敵らしい 生まれ変わった霊魂が戦うとか
フェローは?
黙して語らず 君と同じだった
いずれ査問会で
開かれない がっかりか
戦争?
また戦争だ 君も明朝には軍務に戻るさ
よし
彼は君を殺す気だ
言ったのか
私にではない 噂で聞いた
何て分別のない男なんだ
無分別な男はなりふり構わん 彼もそうだな
もう一度聞く 決闘の理由は?
噂のタネかい 騎兵隊の内輪もめとでも 実際には自分でも五里霧中なのさ
名誉とは?
名誉?
そう
名誉とは…
さあ早く
言葉で表せず 抵抗もできない…

まったく違う2人 理由のない戦い 争いのための争い それがあなたの悩みね 7つのカップ 選択に迷うことを示している そして月 月は孤独の象徴 あなたが歩く本能の道 その道を歩く者は誰もが独りぼっち

馬で戦う
馬で?
騎兵隊だからな フェローは賛成 隊員たちも期待してる
隊員が期待だと なるほど 騎兵隊のために決闘するわけだな
アルモン 君は今や人気者だよ 名うての命知らず 責任がある 皆のためにも戦わんと
俺は死ぬんだな 責任を負い馬上で 騎兵隊のために
繰り言はよせ
ジル ついていけないよ このバカ騒ぎには きっと殺される
先に殺せ
くだらん


15年間も君に操られてきた だがもう終わりだぞ この決闘で君の命は私のものに そうだな? 君は死んだのだ 私に対しては今後は死者のように静まり返れ 例の名誉も振り回すな ただ従うのだ


『デュエリスト 決闘者』