封印

彼女は、差しかけ小屋やテントにところ狭しと横たわる肉体を想像してみた。男女の区別もなく、ダンボールの切れ端や、どこからか引っ張り込んだ使い古して染みだらけのマットレスの上で、湿った衣服にくるまって眠っている人々の姿を、彼女は思い描いてみた。

 

袋に包み込み、紐で縛って隅っこにまとめられた半端な持ち物のすべて。雑多なものが一つに偽装されてはいるが、あらゆるものが別なもののなかに入りこみ、際限なくものを織り込んでいく生存のシステムのようなもの。彼女は、夢見る人々のうわごとや呟き声を耳に、東から西へと公園を通り抜けた。

夜が明けると彼女は、金に換えられる瓶や缶を漁り始めた。ごみ箱や歩道の縁に転がっているものから、レストラン街の裏通りに山と出されたごみ袋の中に見つかるものまで、手当たり次第に集めだした。瓶や紙マッチや反り返った靴など、暗闇のなかに閉じ込められていそうな、使用可能な文化的堆積物は何であれすべて収集の対象だった。そうした代物を彼女は公園に持って行き、差しかけ小屋の入口に置いておくか、誰もいそうもないときは、なかに差し入れておいた。臭気が漂う裏通りに足を運んでは、ごみ袋の口をほどき、中身を空けてビニール袋をくすねた。彼女にしてみれば、こうしたことは、マリオットホテルのロビーでアメリカナデシコを売ることと大差なかった。彼女はごみ入れの缶や解体場のダンプスターを隈なく探索し、石膏ボードや釘やベニヤ板の破片まで持ち出した。だが、換金できる瓶と缶を拾い集めることこそ、彼女が自分に課した主たる任務だった。

ある男などは、不具になった腕を見せつけて小銭を要求した。彼女は、壊れた傘や、洗えばまだ食べられる傷んだ果物を見つけてきた。そうした果物を洗って、彼女は公園へ持っていった。ありとあらゆるものを公園へ持ちこみ、小屋のなかに置いていった。人々が公園のベンチを壁や傾いだ屋根に仕立て上げ、にわかごしらえの家を造っていくのを彼女は目にした。誰かが公園の管理ビルの壁に向かってげーげー吐いていたが、カーキ色の制服を着た公園の管理事務所の男が一瞥もせずにそばを通り過ぎていくのが見えた。ご多分に漏れずここにも萎黄病の葉っぱが壁を伝って垂れ下がっていた。彼女は、野外ステージの人々が、背を屈め喘ぎながら寝床からはい出してきては、青いテント村の頭上高く広がる煌めく夜空を放心したように見上げているのを眺めた。

救世主に封印を施されし者のみぞ生き残る。

 

『マオⅡ』