持てる知識なんかみんな捨て去ること

くだんの二人組は、八日間ぶっ通しで、一日に十八時間、彼女のマインド・コントロールを解こうとした。それまでの彼女の行動を並べ立て、キー・フレイズを何度も繰り返し、テープを流し、壁に映画を映し出した。いつもブラインドは下ろしたままで、扉には鍵がかかったままだった。壁掛け時計も腕時計も見当たらなかった。彼女が眠りこんだり眠ろうとすると、やつらは姿を消した。それと入れ替わりに、土地の教会の信徒と思しき女がやってきて、ヘッドホンを被って椅子に腰掛け、ザトウクジラの鳴き声に聴き入った。

今にも眠りに落ちそうなこうした静寂のひととき、彼女はときおり両親のことをいとおしく思ったり、この度の奪還劇を思い出しては心が千々に乱れた。

洗脳されていたのだ、お前は。

マインド・コントロールされていたのだ、お前は。

何かに取り憑かれた目をしてるぞ、お前は。

総かと思えば、今度は奪還劇に関わった奴ら全員に嫌悪を催し、こうして部屋に監禁され、何度も説教を聞かされるのは、親が子供に強いる虐待と論理的には同じことだと思わずにはいられなかった。むろん彼らにしてみれば、そういったことこそ、教会が彼女に対してこれまで散々やってきたことなのではあるけれど。

母が電話をかけてきた。食事はちゃんと取ってるのかとか、衣類を送るからなどという、日常的でありふれた会話を二人は交わした。

頭痛がいっそう頻繁に起こり、今や悪夢が彼女を苛んだ。そんなとき彼女は、自分がただ何かを通り抜けているような気持ちがし始めた。この肉体に潜むのが何者なのか、自分でもはっきりと見当がつかなかった。自分の名前がばらばらになって単なる音の塊と化し、自分の耳にも全く奇妙に聞こえた。彼女は、教団の仲間やリーダーのところに戻りたくなった。教会の外部のありとあらゆるものはサタンが創ったものなのだ。教会の教えはどうだったろう?もう一度、子供に戻ること。自分の意見など顧みないこと。持てる知識なんかみんな捨て去ること。それでこそ子供みたいな素直な心になれるというもの。

マインド・コントロールされていたのだ。

洗脳されていたのだ。

教義を叩きこまれていたのだ。

ふらりと扉から歩み出るみたいに、彼女が何も言わずにさりげなく脱出を試みたとき、やつらは壁に彼女を乱暴に押し付けた。全身にやつらの手が伸びた。韓国製のアクリル繊維が裂ける音が面白くて、ただそれを聞きたいがためにやつらが自分の服をずたずたに引き裂くのではないかと思えてならなかった。

 

『マオⅡ』