不気味な物真似じみた口調

彼らは額のところに手を組んでひざまづき、深く頭を垂れ、胎児のように身を折り曲げて祈りを捧げた。

ワゴン車のなかでは、あらゆることが重大な意味を持ち、あらゆる言葉が深い意味を孕んでいた。時として十五、六人の女性信徒たちが窮屈に車に詰めこまれ、「ユー・アー・マイ・サンシャイン」だの、「ロウ、ロウ、ボートを漕いで」などと歌いながら、集めるべき金の目標額を連呼したものだった。堕落したこの世は悪魔のもの。

七人からなるグループで、彼女は黄色いつぼみの花束を積み重ねた。七は完壁さを象徴する数だった。彼女は、片言英語でものを考えたのみならず、勉強会や教育集会のときに飛び交う声を模してしゃべった。そんな声色で彼女は、ワゴン車に乗り組んだ女性信徒たちに講釈を垂れた。花を売って目標を達成するのよ、現金を掴んでくるのよと、彼らの発破をかけた。だが彼らにしたところで、その不気味な物真似じみた口調に鼓舞されていいものやら、不敬のとがで彼女を密告すべきか、判断がつきかねた。

 

『マオⅡ』