存在せんよ

パーキンズ お前の友人の遺品だ その人たちは?

女房と子供だよ

連絡先は?

あいつの家は… メキシコだ 写真を預かっても?

まあいいだろう 遺体を解剖する

解剖が終わったら遺体を俺にくれ

正気とは思えん

いや 俺は正気だ

 

メルキアデス・エストラーダの2度目の埋葬

名前は何て書く?

メルキアデス

名字は? 出身は?

メキシコ たぶんコアウイラだ

 

今は勤務時間か?

閉めるところだ

国境警備隊員を調べろ 223を使ってる

ついでにケネディ暗殺も調べるか? あいつは裏で何かやってたんだよ

メルキアデスは何もしてない

遺体はもう埋葬した

なぜ知らせなかった せめて俺にひと言言ってほしかった

お前は親族じゃないし奴は不法入国者だった

 

降りろ

俺を殺すのか?

降りろ

彼を掘り出せ

誰を?

メルキアデス・エストラーダだ クソッタレが! 殺したんだろ? 掘り出せ 遺体を出せ

 

降りろ こっちに来い 家の中に運べ ベッドに乗せろ 明かりをつけろ こっちに座れ その椅子に メルキアデスの家だ それは彼のベッド 服はあっちにある 彼の皿だ それは彼のカップ 飲め

イヤだ

彼のカップで飲め これは彼の仕事着だ お前はこれを着ろ メルキアデスに外出着を着せろ

 

長女はエリザベス 14歳になる 次女のエセニアは12歳だ このチビは息子のアーロン 最高のカウボーイになる 彼女はエベリア エベリア・カマルゴ 女房だ

いつから会ってない?

もう5年になるよ 約束してほしい もし俺が死んだら家族の元へ連れていってくれ 故郷に埋めてほしい 国境のこっち側に埋められたくない

俺の方が年上だ 先に死ぬ

約束してくれ いいか 今ここにいる オヒナガまで下りさらに南へ 東へ折れ山に沿って行くとコアウイラ州だ エル・トストンという町がある そことエル・ナシミエントの間にヒメネスという村がある 俺の故郷だ 女房のエベリアに事情を話せ

その辺に捨てる

ヒメネスに連れ帰ってくれ 約束だぞ

 

どこへ行く気だ?

臭くて眠れない

寝てた場所に戻るんだ

おい あんた

俺の名はピートだ

ピート アリが友達を食ってるぜ

 

下りろ 妙なマネするな “こんちは! どうも”

スペイン語は分からん 何の用だ?

馬に飲ませる水が欲しい

勝手にやっとくれ メキシコのラジオが好きでね 意味は分からんがスペイン語の響きがいい そう思わんか?

そうだな いい響きだ

なんだか死臭がするぞ

鹿を殺した 腐りかけてる

捨てるんだな もう腐っとる

皮が欲しいんだ 保存用に塩はあるか?

あいにく食事用にも足りんのだよ

アルコールはあるか?

不凍液ならあるよ 役に立つか?

もうアリに食われんぞ

 

メシを食わんか 祈ろう 主よ よき友たちの来訪と日々の糧に感謝します 野の獣たちの命にも感謝します アーメン

独り暮らしか?

せがれが月に1度食料を持ってくるが最後に来てから半年経つ

何を食ってる?

少したくわえがある

礼を言う

頼みがある

どんなことでも

できればわしを撃ってくれ もうせがれは来てくれん

来てくれるとも

いや あいつは癌なんだ 一緒に町へ帰ろうと言われた 町はイヤだ ずっとここに住んでる

頼みは聞けない

自殺はできん 神に背く行為だ 困ってる

俺たちも神に背けん

一番いい方法なんだ あんたらはいい人間だ 頼む 俺を撃ってくれ

 

俺に罪はない 事故だったんだ 殺そうとしたんじゃない 奴が俺を撃ってきたんだ まさか死ぬなんて… 自由にしてくれたらあんたを訴えない 約束するよ

 

電話がつながった

“サンズの店” レイチェルです

レイチェル

ピート? どこにいるの?

メキシコだ

国境警備隊が迫ってるわよ

ベルモントは?

休暇よ この件はあんたと国境警備隊の問題だって

レイチェル メキシコに来てくれ

何のため?

結婚してくれ 女房になってほしい

バカね そんなのムリよ

どうして?

ボブを愛してるもの

愛してるのは俺だけって言ったろ?

あんたには分からないのよ 切るわ 元気でね

 

じき故郷に着くからな メルキアデス もうすぐだよ ひどい姿だな お前…

 

なぜここへ?

ヒメネスって村を探してる

ヒメネス? そんな名前の村はないわ ヒメネスって村知ってる?

いいえ 知らない

マヌエル ヒメネスって村知ってる?

ヒメネス いや この辺にはないな

そういう村があると聞いた エル・トストンとエル・ナシミエントの間に

この辺にある村はロス・チリコテスだけだ

この女を知ってるか? 名前はエベリア・カマルゴ

知ってるよ でもエベリアじゃない ロサだ

この男は? ヒメネスのメルキアデス・エストラーダだ

いや 知らんね

じゃなぜ彼女と?

さあな 彼女に聞けよ 近くに住んでる

 

英語は話せる?

少しなら

実は奥さん… 残念ながらメルキアデスは亡くなりました

誰なの? メルキアデスって

あなたのご亭主だ 遺体をテキサスから運んできた

メルキアデスなんて知らないわ

あなたと彼だ

私と子供たちの写真?

メルキアデスにもらった

お願いだ 本当のことを言ってくれ 彼は俺の友達だった あんたの亭主だろ?

バカなこと言わないで 夫のハビエルとモメ事になる メルキアデスなんて知らない

奥さん 怒らせるつもりはなかった 彼は友達だったんだ

ドン・カシミロなら町に来た人を全て知ってる 何か分かるかも

 

いや 知らんね

ヒメネスという村は?

知らない そんな村はないね 間違いない 存在せんよ なぜ聞く?

 

騙されたな

いや違う

そうとも ヒメネスなんてない 目を覚ませ 存在しない

するとも

ヒメネスなんて村はないんだ! どこにもないんだよ

村はある

 

ものすごく美しい所だ 2つの丘の間にある 空気が澄み切っていて山々を抱ける気がする 輝く透明な水が岩間から湧き出してる ヒメネスへ行ったらその美しさに心が張り裂けるだろう

 

ここがヒメネスだ そうとも 水辺もあるし家もある あそこに店が 墓地もある それに庭もあるしな 見ろよ 写真のとおりだ そうだろ?

ああ ここだ ついに見つけたな

下りろ あとは墓堀りだ

メリキアデス・エストラーダの3度目の埋葬

メルキアデスに許しを乞え 許しを乞うんだ 許しを乞わないと地獄行きだぞ

地獄なんか信じない 悪かった すまない 心から謝る 神に誓う 誓って本当だ 殺す気はなかったんだ 過ちだった なぜあんなことに… つらくてたまらない 後悔してる あれから毎日… 許してくれ 俺を許してくれ メルキアデス 君の命を奪ってしまった どうか許してくれ

 

行っていいぞ

どこへ?

女房の元でも どこへでも

あんたに… 殺されるのかと思ってた

馬をやるよ 若造

1人で大丈夫か?

 

『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』