有罪

ボス ウエスト・メンフィス署の記者会見です

警察ならびにご遺族の皆さん ダミアン・E ジェイソン・B ジェシー・Mが逮捕され3人の少年を殺害した容疑で起訴されます

ギッチェル警部 動機は?

今は話せません

容疑者3人はカルトのメンバーですか?

今は話せません

10段階で言うならこの件への自信は?

11です

 

解決の突破口となったのは恐ろしい事件の容疑者の1人ジェシーの自白です

“悪魔崇拝”が我々を狙う 6つの徴候に用心しないとならない 死への妄執 悪魔的な所持品 誘拐 性的虐待 人肉食 火葬

息子たち3人が生贄にされると知ってた連中がいるはずだ 女房も俺も怖い 悪魔とその手下どもはこの地で暗躍してる

 

悪魔崇拝が殺しの動機だと

地元住人の話では“ダミアンは黒い服で猫の頭蓋骨を持ち歩きブーツに666と書いてある”と 匿名の少女は“ダミアンが血を飲むのを見たし首を切断し玄関に置くと脅していた”と

精力的だな

 

ハードメタル音楽と悪魔崇拝は関連性がある

住民の一部は悪魔崇拝が事件の原因ではと 地元の牧師は“リーダーのダミアンは悪魔の使徒だ 必ず地獄へ堕ちる”と またある住民は“殺しは悪魔の行為だ”と

ウエスト・メンフィスの事件で検察は“十代の被告3人に死刑を求刑する”と アーカンソー州は死刑が復活してから4回の執行例があります

 

信じられるか?

死刑… 3人とも十代なのに ジェイソンはまだ16歳

裁判所は調査員費用を出すまい 公選弁護人に“協力する”と

無料で? 本気ですか? 案件が沢山あるのに 保険金詐欺の件が 時期がまずいです

私は死刑に反対だ 協力したい

でも恐ろしい犯罪です 本当に彼らが犯人なら? 冤罪なら? 例え犯人でも犠牲者たちの死で十分だ すぐ戻る

私はダン ジェシーの弁護人 彼はポール ジェイソンの弁護人 ヴァルはダミアン・エコールズ担当の弁護人です おかけに

ジェシーの自白撤回の件は?

あれほどの犯罪だ 無実なら撤回しますよ

専門家は?

医者がジェシーの知能は6~8歳だと証言します 知的発達が遅れてる 彼は有罪だと?

たいていの場合はそうだ

ラックスさん 有罪だと思うならなぜ我々に協力を?

調査が不十分なままでは州が3人を殺すことになる そうはさせたくない まずダミアンの話を

生活保護を受け家族とトレーラー・パークに住む 警察沙汰を起こして少年鑑別所にも入っていた

私は長年ダミアンの保護観察官だったが彼の性格はいわゆる…スラッシャー映画に出てくるようなタイプだ ブーツやコート姿でへヴィメタルを聴き…真っ黒な長髪 前歴のファイルを見たか? 頭がイカれてて精神科に入院もしていた

オカルトに傾倒してると?

もちろん 彼の子分やジェイソンや妊娠してる恋人も ダミアンはその女の名を腕に彫り込んでる

赤ん坊が心配だ

なぜ? 悪魔に赤ん坊を捧げる話を信じるのか?

そうとも

まさか “悪魔崇拝と犯罪の関係”はFBIが調べ否定している

私は自分の目を信じる あの夏悪魔崇拝が数多く目撃された 廃校での出来事も ジョーンズ刑事が見た 連続殺人鬼“サムの息子”の本にあるような光景を誰かが再現したかのようだ 同じように 地元の警察には“注意しろ”と言っておいた 何か起きる予感がした ジョーンズがダミアンの家へ 妙なものが山ほどあった オカルトへの傾倒の証拠だ 1年前ダミアンは言った 彼らは“動物の生贄の儀式を終え強いパワーを得た”と あの夏彼は言った “次の段階に入る”と 人間の生贄だ 人間だ

 

喘息なのに吸うのか?

俺は“自己破壊的”なんだ

保護観察官と話をした いろいろ聞いた

だろうな

“オカルトへの傾倒の証拠”が君の部屋で見つかったと

俺のノートだ 好きな曲の歌詞が書いてある 映画や本からの引用も

観察官に言ったそうだな “人間の生贄”を考えていると

奴をからかったんだ

“親父を食いお袋の喉を裂く”とも

嘘つきめ

彼だけじゃない 何人もが不利なことを言ってる 聞けよ

何のために? なぜ質問する? 弁護士なのか? 違う 彼らに協力してる

協力してる? 弁護士の助手か何かか?

調査員だ

法廷には立たないのか?

立たない 許されていない

あんたを信じてすべて話せと?

助けてほしいなら

警官どもは恐ろしい 都合のいい証言をさせるためどんなことでもする

なぜ皆君に不利な証言を?

“セイラムの魔女”の時と同じさ 妙なことが起きるたび悪魔崇拝者のせいにされる 俺のせいに

少年鑑別所にいた時に起きたことは? 誰かの血を飲んだとか

そいつが“飲め”と言った ナイフで彫った 彼女の名だ 以前から自分の体を切る

なぜ?

血にはパワーがある 力を得るんだ 他者の血を飲むことで 噛んだり切ったり儀式を通じて 10歳の頃からやってるよ 俺は悪魔崇拝のリーダーじゃない カルトでも何でもない 魔術に興味があるだけだ パワーを得て支配するために

 

父さん みんながいろんな質問を何度もする 気に入られるように答えてるけど… 僕はやってない

 

ロビン・フッドの森で何が?

ジェシーが走ってスティーヴィーを捕まえた その後マイケルとクリスも逃げ出した でも…彼らに捕まって…そして…彼らに殺された ジェシーとダミアンがバケツを持ってクリスの血を入れた そしてコップに血を注いで僕に飲ませた そこで起きたことは僕しか知らない

 

アーロンは証言台に?

まさか 録画を見たろ? バケツの血を飲んだとかただのファンタジーだよ 嘘っぱち

証言台に立てば笑いものになる

ではあの子の話を陪審が聞くことはないな?

一部は聞いたわ 警部が録音したカセットで “僕しか知らない”って

検察側は他に切り札がない 600もの品目を鑑識に送ったがダミアンたちが殺した証拠は皆無だ 警部が記者に“事件番号が666で終わるのは偶然か?”と 我々が引き受けた際の事件番号は末尾が555で終わってる

わざわざ番号を“獣の数字”に変えたのか? これは魔女狩りだ

3人は最初から標的だった 他の容疑者を捜そうともしない

我々が捜し続けるしかない

 

3人の死に君は関与してるか?

いいえ

3人を殺した者を知ってるか?

いいえ

3人に関して何か隠してるか?

いいえ

嘘発見器に引っかかった 激しく反応してる

たぶん不安だったから いい加減にしろ!

真実を知る義務がある

真実だ

無関係なら君を解放する だが嘘発見器の結果はクロだ

嘘をつけと? なら嘘を言うよ 僕が3人を殺した 逮捕するのか?

そうじゃない ふざけたマネするな

じゃ恐怖のあまり僕は正気を失い3人の少年を殺しレイプしたんだろう

そうなのか?

違うよ 故意に誰かを傷つけたことはない

もしや二面性が

“クリスとハイド”か

 

ジェイソン 検察が取引したいと ダミアンに不利な証言をすれば刑期は20年 死刑はなしだ 10年以下で出られるだろう

それでも長いよ

10年後はまだ26歳だろ 前途は洋々だ 君の容疑は根拠が弱い だが彼らは何としても君をダミアンと結びつける 証拠が少なくても彼は有罪になるだろう そうなったら君は道連れにされてしまう

ムリだよ 彼について嘘なんか言えない ダメだ

 

逮捕前リッジ刑事の事情聴取に“白魔術集団に5年いた”と?

属していたことなどない

刑事の創作か?

そうだ

“なぜ犯人は酷いことを?”という質問に“異常者か悪魔崇拝者の仕業だ”と答えた 違うか?

犯人は悪魔崇拝者かと聞かれ“そうかもな”と答えた

リッジ刑事が犯人はどう感じたと思うかと聞いたら君の答えはこうだった “楽しんださ パワーを得られたろ” そうだな? また刑事の創作か?

いや 常識的に考えた 犯人は殺したいから殺した やりたいことをやったなら楽しんだはずだ

君にとっては常識なのか 8歳の少年3人を殺すのは楽しいことか?

犯人にはそうだろう

黒ずくめの格好をするのは悪いことですか? 違います へヴィメタルを好むのは悪いことですか? 違います “ブック・オブ・シャドウズ”は悪いことですか? 違います だがこれらを個々に見てはいけない 全体として見なくては 状況証拠として全体を見ればすなわち被告人たちが殺人を犯した証明となる 悪魔崇拝などについて私が信じるかどうかは関係ない 弁護人が信じるかどうかも関係ない 陪審の皆さんが信じるかどうかも関係ない 問題なのは被告人たちが信じていたことです 歴史を振り返って下さい 宗教の名の下に殺された人々を “信仰”が殺したのです 悪を信じる者の行為を正当化させてしまう これら全体を見た時ダミアン・エコールズの奥が見えてくる あの人物の奥深くが そしてそこには魂など存在しない

評決は次のとおり 陪審はダミアン・エコールズをスティーヴィ・ブランチ殺害の第一級殺人で有罪 陪審はダミアン・エコールズをクリス・バイヤーズ殺害の第一級殺人で有罪 陪審はダミアン・エコールズをマイケル・ムーア殺害の第一級殺人で有罪 ジェイソン・ボールドウィンをスティーヴィ・ブランチ殺害の第一級殺人で有罪 ジェイソン・ボールドウィンをクリス・バイヤーズ殺害の第一級殺人で有罪 ジェイソン・ボールドウィンをマイケル・ムーア殺害の第一級殺人で有罪 刑が科されるべきでないと考える法的な理由はあるか?

ありません

僕は無実です

何だね? 聞こえなかった

僕は無実です

陪審は違う評決に達した ボールドウィン君 君は有罪と認められた 3件の第一級殺人だ この後アーカンソー州刑務所へ送られる 刑期は終身刑 仮釈放の可能性はない エコールズ君 君は有罪と認められた 同じく3件の第一級殺人 M・ムーア C・バイヤーズ S・ブランチの殺害だ 保安官により再拘留され直ちにアーカンソー州刑務所へ送られる そして1994年5月5日致死量の即効性バルビツール系麻酔薬および筋肉弛緩剤を死に至るまで体内に注入される

 

ホッブス夫人 ロン・ラックスです

知ってるわ あなたや弁護人を憎んではいない でもどうかお願い 私たちのことを忘れないで

忘れません 忘れられない あなたをテレビで見た時から… 事件資料を読み息子さんの写真も見た 何ひとつ忘れられない 犯人とされた3人に今は同情など感じられないでしょう よく分かります でももし彼らが無実なら… また3家族が息子を失う

これがテリーの道具箱に スティーヴィのナイフよ 祖父の贈り物

あなたの父親?

そう 私の父よ 息子は大切にしてた 新しい自転車もよ 祖父の贈り物だから どこへ行くにもこれを持ってた あの日も持ってたはず

殺された日?

でも見つからなかった なぜ夫がこれを持ってるの…

ご主人が関与していると?

分からない 分からないの もう何も分からないの ジェシーの自白を聞いたけど彼は何も知らないし… レストランにいた血だらけの男のこと… バイヤーズとあのナイフ まるでゲーム感覚だった証人の女の子たち クリス・モーガンもカリフォルニアで自白したのに私たちに証言を聞かせないなんて まるでみんなが… 警察も判事もみんなが誰を犯人にするか決めていたみたい 私はもう何も分からない

私も分からない だが1つ確かだ ダミアン ジェイソン ジェシーは無実です

 

警察に驚くべき話をしたアーロンは“実際は何も知らない”と現在は言っている アーロンの母親ヴィッキーも証言を撤回 警察に“死ぬほど脅されたせい”と主張している 裁判の2年後バイヤーズの妻が自宅で遺体で見つかったが“死因は不明”と結論づけられた 1993年テリー・ホッブスの体毛サンプルを警察は分析のために提出しなかった ロン・ラックスは今も弁護団に協力しており2006年テリー・ホッブスのDNAサンプルを密かに入手した 2007年DNA分析の結果マイケル・ムーアを縛った靴紐にあった体毛とテリー・ホッブスの体毛が一致することが判明した “ボージャングル”レストランの血まみれの男は結局発見されないままだった 18年服役した後ダミアンたち3人はアーカンソー州と特殊な司法取引をした 2011年に釈放こそされたもののいまだに“既決重罪犯”のままである

 

『デビルズ・ノット』