作り話

俺はイカれてない イカれてなんかないぞ

こんな終わりがあるか?
まだ終わりじゃない 本を読め

ジョン
待ってろ 何だ?
ウレン博士だ 君を出してあげたい
これだけ描いたんだぞ いや ここにいるよ
睾丸をはらした看護守が君は出たがってると
ああ 気が変わった
そうか 見事な十字架だ これを見れば君の入院も当然だ
タバコを 私の“彼ら”の話を?
君の何?
私の“彼ら” 分裂症患者には皆“彼ら”か“あれ”がある あんたは私の“彼ら”を聞きたいんだろ
なぜここに?
外はひどいだろ?

教えてくれ ケーンの仕事は好きかね?
人を捕まえるの好き?
ああ 好きだよ 相手は詐欺師だ
知り合いにいた?
もちろん 知り合いでも詐欺は詐欺だ 私の仕事は何かやりそうに見えたらやってると考える
疑い深いのね
その方があとで失望しなくてすむ まったくひどい世の中だ
ケーンみたい
違うね 君はケーン好きだな
怖いのが好きなの 彼は怖いわ
どこが怖い? 作り話だ
あなたから見ればね あなたには現実だけ でも彼の話が現実だったらすごく怖い
現実と作り話はまるで違う
皆が現実と言えば現実なのよ 常軌を逸してもそれが多数なら正気になる そしたらあなたの方が病院送りになるわ
あり得んね
見慣れたものがすべて消えてしまったら? 最後の一人は寂しいわよ

外は広がってるだろ
だからと言って君の話が事実だとは…
ケーンの物語だ それが読者の間に広がってパワーを持ち始める
本を読まない者は?
映画がある
そうだな もう行こう また来るよ 約束する 君の力になりたい
ここの方が安全だ 外はひどくなる
なぜ?
人はその消滅を知る 最後に残った者たちは悲惨なものだ 10年かそれ以内に人類がいたなんて語り草になる 遠い昔の語り草にね

何か面白い話を?
つまらんよ 彼は自分は作り話でケーンが疫病の元だと
あなたはケーンをお読みに?

『マウス・オブ・マッドネス』