失格

スアドは?
いない
どうした? 何事だ? スアドに問題でも? 俺の女房に 言え 言えよ
午後妹から電話が入り慌てて駆けつけたらこの有り様だ 妹がクスクス作りを手伝っていたらマジドの女が電話を掛けてきた 妹が出た
マジドは母親の電話使って愛人達とやり取りしてるの つまりスアドは息子をかばってる すべて承知の上でね 姉さん達やあなたも知ってるはずよ 私をコケにして!
彼は父親失格だ 子育てを手伝わない
夫婦ゲンカが絶えないのにスアドは見て見ぬふりしてる 私は怒りを抑えるしかない 泣き寝入りよ お陰で神経はズタズタ 哀れなバカ女よ さすがはスアドね どうせ私が憎いのよ でもスアドはともかくカルマまで…
妹を見下してる
おい あおるような事言うなよ
私は家事をこなし夫を待ってるのに彼は女と遊んでる
いつも妹は泣かされっ放しだ
帰りが遅いとスアドも文句は言う でも彼は相変わらず朝帰り 何時に帰ると思う? とっくに私が寝てからよ
興奮するな 落ち着け 子供が…
私は我慢しスアドに愚痴はこぼさない でも彼女はご近所に言いふらす 悪いのは私だと 何の努力もしないと 私が悪いの? 誰も彼を批判しない いつも身びいきする 一度でも彼を責めた?
子供の前だぞ
この子は慣れてるわ 私は人間よ もう我慢できない 何ヶ月も耐えてきた 日曜はスアドを訪ね元気なふりを“最高に元気よ”って 本当はボロボロ もう耐えられない あなた達みたいな偽善者じゃない マジドの正体を知ってる? 本当はどんな奴かを 人間じゃない 化け物よ 父親失格よ 子供を可愛がらない 可愛がるのは酔った時だけ 夫としても失格よ 友達とも言えない ここでは“お客様” でも私は文句も言えない 彼が稼ぎ手だから 生活費を払えば一家のあるじ? 私は娼婦なの? 違うわよ 子供を育て家事をしてる 愛されたい 尊重してほしい こんなの家庭じゃない 彼は父親の自覚がない 電話をよこした女はこの家の向かいにいる 私が悩んでるの見て笑ってる テレビの前にぽつんと座る私を見てね あなた達は楽しそうにお喋りを 私達の事が嫌いだから無視するんだわ もしスアドが…
落ち着け ジュリア
落ち着けるわけないでしょ こんな目に遭ったら当然よ 愛人はスアドを知ってる 姉さん達のことも スアドと顔見知りだから電話するのよ 母親が浮気を応援してる 朝帰りの度マジドは“夜勤”と 向かいの女の家にいたくせに
ジュリア 座れ もうよせ わめくな
わめかせて 黙ってられない ずっとつらかった でも気を取り直したわ レストランを手伝えば少しは状況が変わると思った 家族の一員になれると でも期待は裏切られた
パーティーが災いの元だ
一家の役に立ちたかったけどもう噂も聞きたくない 今のうちにこの子を見といて これっきりよ よく見て
気を楽に 不憫な子だ

『クスクス粒の秘密』