健康

伯爵夫人の話を 遠くからお見かけしただけ
でもお知りになりたいのね 私の知る限りでお教えしますわ あれほどつかみ所がなくなぞめいた方はいません 言葉にならぬほど
殿方をあしらう腕は天下一品とか
フランセン伯爵夫人のお見えです
男は自尊心の生き物 女は夫や恋人を裏切ってもいいけれど自尊心だけは傷つけぬように 面倒なことになりますからね むしろ男の自尊心を味方につけるのです 自尊心をくすぐりなだめ玩具のように可愛がる そうすれば男は女の思いのまま どんなことでも許してくれますわ
それは真実の愛と両立するものかしら?
お忘れなきよう 恋愛はゲームです 玉は3つ 愛情 言葉 あそこ 操るのは簡単ですわ その1つを失うのもね
いやだ 何てはしたない!
はしたなさこそが伯爵夫人の魅力ですわ だからこそあらゆる男たちがみな夢中になる

誰だ
マルコムよ
軍人か
通させるわ マラ!
出ちゃいかん
怖いの?
紳士たるもの こんな姿では…
マラ 出てちょうだい
楽しそうだな
彼 途方もなく嫉妬深いの
武器は?
素手でも強いわよ
隠れよう
芝居じゃあるまいし
喜劇だよ!
泥まみれで失礼 愛馬ルンメルが足を滑らせてね 近くの公園で野の花を摘んできた
カール=マングヌス うれしいわ 自由時間は?
20時間だ 君に9時間 妻に5時間 往復に6時間
自分のガウンに着替えたい
使用中なの
もうすぐ戻るはずだ
紹介するわ 弁護士のエーゲルマンさんよ マルコム伯爵
よろしく
水たまりで転んでお濡れになったの
ケガはないかな
ええ 無事でした
結構 夜も遅いが仕事の用で?
古い友人よ
そのパジャマも私のだ ぴったりだ 小さすぎず 大きすぎず
そうですな ちょうどいいサイズです
服が乾いたかどうか見てくるわね
半年前から交際している 私は嫉妬深い 欠点とは思わん 率直さは男の美点だ 私は犬も猫も好かん むろん“古い友人”も お分かりか?
それはもう
決闘は好きか
経験はない
18人と決闘した 拳銃 剣 フルーレ 槍に弓 6回は負傷 あとの12回は運が味方した 軍人の“冷たい怒り”のたまものだ
それはすごい
果物ナイフだ 投げてみせよう その老婦人の目に命中させる 見ろ
曲芸師なみだ
弁護士か
いかにも
弁護士というやつは社会の寄生虫だ
軍人は率直ですな 近々戦争の予定は?
あるはずがない
暇でしょう
嫌みか?
ええ!
お話し中?
実に楽しい夜だ 乾いたか?
まだよ
そのパジャマをお貸ししよう
ありがたくお受けして
ガウンは返してくれ
ご親切に だが私は自分の服で帰ります
そんな時間はないはずだ もう遅い 早く帰りたいだろう?
逆らわないで
失礼 おやすみ

おはよう
驚いた 朝の7時に母親を訪ねるなんて
マルコムと別れたわ
他の男が? 私の知り合い?
かもね
いい男?
見方によるわ 本人には言ってない
ほら見て 上がったわ
イカサマでしょ
とんでもない トランプだけは真剣にやる主義よ 何の話?
未来の夫
お前が結婚? 驚いた話だこと なぜ伯爵と別れたの
火かき棒で脅された
ただ事じゃないね 怒らせたんだろう
正直になっただけ
酔った勢いで? それで?
棒で頭を殴ってやった
それでどうしたの
友好的に別れた
賢明だね きれいに別れた男は後で役立つ 何の話?
忘れっぽいわね
お前の父親は私を窓から突き落とそうとした
開いた窓?
閉じてた 中佐の上に倒れたわ 彼が父親に
中佐が私の父親?
後でそういう事になったの あの人に夢中だった
どっちに?
突き落とした男よ もう片方は間抜けで退屈な奴だった
回想録を書けば?
だめよ 書かない約束でこの屋敷をもらったんだから
宴会を開いてほしいの
そんな約束した?
今度だけ お願い
招待状を書こう 客は誰? 役者連中はお断り
伯爵夫妻とエーゲルマン弁護士 彼の奥さんと息子も
何を企んでるの?
いい事よ
いい事にはご用心 高くつく どうも怪しい
みんなの幸せのためよ
まあいいわ 弁護士は役に立つ
人を見る目があるのね
本当に惚れてるの?
誰に?
その男よ
もちろん愛してる
お前には心配させられてばかり 誰に似たんだか きっと父親ね
どの父親のこと?
何だって?
話を聞いてよ
聞かない主義なの
健康の秘訣?
人の話なんか聞くから体を壊すのよ 聞かないことにすればいつも健康そのもの 大事な話かい?
関心なさそうね
人間にはうんざり でも愛することはできる
ご立派だこと
そうとも はく製にしてずらりと並べて飾りたいくらい
できた?
ええ 大文字がきれいに書けたわ
ありがとう
人を苦しみから救うことなどできっこない だからうんざりなの

『夏の夜は三たび微笑む』