ドクター

いい加減に諦めろ 無駄だよ すっかり萎えきってる お前のせいじゃない 私がお前に飽きたんだ 正直うんざりだ 片付けが終わったら帰ってくれ
私が何を?
何をしたかじゃない お前は醜く汚く皺だらけで息が臭い カバーを殺菌しとけ ふぬけた死人のような顔で見るな 世界は壊れない お前にも私にも もう終わりにしよう 疲れたんだ 他の女を思いながらお前と寝るのは いい匂いがして若くて皺一つない女 だが私の夢想は叶わない 結局またお前が相手で反吐が出る思いがして自分が嫌になる その繰り返し
今までずっと?
ああ もう何年も
その陰険さが不幸の元ね
やめろ 聞きたくない
私は美人じゃないし口臭は胃潰瘍が原因とご存知でしょ 今までは気にしなかったのに 奥さんが死ぬ前からだわ…
それ以上話す必要はない あの頃から嫌悪を感じてた 妻の死後痛みのはけ口が欲しかった 相手は誰でもよかった 雌牛でもな 娼館は遠いし 2か月に1度では歳をとったとはいえ私には不十分だ 被害者面をしてないで帰ってくれ
なぜ今頃気づいたの?
もっと早く気づくべきだと? 入院中はすっかり忘れてた 痛みは人を感傷的にする 帰れ お前に自尊心はないのか?
あなたには少しもないわね
確かに
私が無分別な行動をとったら?
やれよ だが気をつけろ ただでは済むまい
私がバカだったわ 言っても仕方ないけど
では
なぜ私を見下すの? 萎えた息子を立たせたいから? 自分の娘に触るのを見ても黙ってるから? あなたの欺瞞を助けたから? あれほどひどく扱った奥さんを“愛してた”と言う嘘を信じてあげたから?
もうよせ 出て行け 仕事がある
私を捨てたり出来ないわよ 汚い仕事を引き受け子供の世話もし治療も手伝った 今のは本心じゃない 試そうとしただけよ “この女どこまで耐えられる”と 私だって疲れたわ 私には知恵遅れの子が2人いるのね あなたの方が問題児ね
黙って死んでくれよ


『白いリボン』